*

愛犬が分離不安になったら?


1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s

 

 

前回の記事「留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

こちらで紹介したように

愛犬が飼い主に依存してしまい

分離不安になってしまった場合・・・

その対処法をご紹介します!

 

 

 

まずは飼い主さんですが、

可愛い愛犬とたくさん触れ合いたいのはわかりますが

まずは少し距離を置く時間も作ることが大切です。

 

 

 

分離不安になってしまう犬の多くは

飼い主さんが常に抱っこしていたり

ふれているというケースが多いです。

 

 

 

犬にとって大好きな飼い主とスキンシップをとる時間は

とても大事なものではありますが、

犬が一人で過ごす時間を作るということも

とても大切です。

メリハリのある関係を目指しましょう。

 

 

 

また分離不安の場合

どうしても留守中の問題行動やトラブルが多いですが

飼い主にいじわるをしてイタズラをしているわけではありません。

飼い主と離れることによる不安によって

パニックを起こして起こるものです。

そのため、分離不安の場合の問題行動の場合は、

犬を叱ってはいけないのです。

 

 

 

そもそも、

帰宅後に発覚した問題行動のトラブルは

大抵は時間が経った後の状態です。

犬を叱る場合は

その問題行動をした瞬間でなくてはいけないので

留守中の事象に関しては

犬を叱っても理解ができないため

効果が得られないのです。

 

 

 

 

次に分離不安の犬の対処法についてですが、

ポイントは留守番になれさせること。

つまり、一人でいられるようにすること。

そして、「しつけ」をすることです!

 

 

 

「しつけ」に対して

可哀想などマイナスイメージを持つ方もいますが、

「しつけ」は犬を飼育するうえで大切なことです。

「しつけ」は人間とともに暮らすために必要なことを

犬に教えてあげることです。

 

 

 

今回の場合は

飼い主は甘えるだけの存在ではないということを

犬に理解してもらうというしつけが必要です。

 

 

 

もちろん甘えるだけの存在になりたいのはわかりますが、

犬と飼い主は母と子も同じです。

甘やかしているだけではダメですね。

 

 

 

甘えん坊な犬の場合

自分が甘えたい時に飼い主に抱っこをおねだりしますね。

通常ならここでその要求通り抱っこしてあげたいところですが、

まずはグッとこらえてください。

 

 

 

抱っこをする前

愛犬に「おすわり」のコマンドをしましょう

ちゃんとできたら褒めてあげてくださいね。

抱っこはそれから。

 

 

 

この1クッションが大事なのです。

要求したらそのまま通るのではなく

飼い主さんからの指示をしっかりきくこと。

これが犬の自立につながります。

 

 

 

ポピュラーなしつけとして

「おすわり」「待て」「ふせ」

これは必須なトレーニングです。

これを教えることは

愛犬との良好な関係を結ぶのにとても役立ちます

 

 

 

人との生活の中で

これらが必要になる瞬間はたくさんあります。

はたからみて

飼い主の言うことを聞かず

抱っこをしてもらって喜ぶ姿より、

しっかり飼い主を見て指示をきき、

褒められて喜ぶ姿を見る方が

飼い主と犬との信頼関係を感じますよね(^^)

 

 

 

しつけによって

芸達者な犬になる必要はもちろんありません。

しかし飼い主のコマンドに対して犬が応えるというのは

お互いに信頼関係があってこそできることであり、

大切なコミュニケーションです。

トレーニングをすることで脳を使うと痴呆防止にもなるので

老犬になってもコマンドのやりとりをすることは大切ですね。

 

 

 

お留守番をうまくさせるコツとして

運動をしっかりさせることが効果的なこともあります。

運動をすると精神的に落ち着きやすくなる傾向があり、

また、たっぷり運動をして疲労をさせることで

留守番の際に熟睡しやすくなり

不安を感じる隙がなくなる場合もあるのです。

 

 

 

前回もお話しましたが、

出かける前後で犬にかまいすぎるのはNGです。

できれば「いってきます」「ただいま」なども

覚えれば犬の興奮スイッチになってしまうので

できるかぎりしないようにしましょう。

 

 

 

帰宅後はどうしても犬のラブコールを受けますが

この時も興奮している間は犬に構わないこと。

落ち着いた後に優しく声をかけて

それでも過度な愛情表現はせずに

優しく撫でる程度でスキンシップをしたり、

おすわりなどのコマンドをさせて褒めてあげる程度がおすすめです。

 

 

 

お留守番の最中に寂しがる犬の対策として

部屋の電気をつけておいたり、

テレビやラジオなど音を出しておく、

愛犬が好きなおもちゃを出しておく

時間がかかるおやつを与えるなどの対策があります。

 

 

 

ただし、おやつの場合は

老犬や早食いの犬で

のどに詰まらせるなどの危険がある場合は

そのような食べ物は避けましょう。

 

 

 

最終手段として

あまりにも分離不安が強い場合は

獣医師やトレーナーに相談してみてください。

 

 

 

犬と片時も離れない

・・・というのをずっと続けることは不可能です。

分離不安の犬の場合

離れてしまうとかなりのストレスになり

犬自身に負担がかかります。

 

 

 

それを回避するためにも

ぜひ分離不安にならないように、

飼い主さんが気を付けてあげてくださいね。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

犬の便秘とデトックス

人は汗をかくことで 体内の毒を排出してデトックスします。 しかし犬の場合は

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

犬が蜂に刺されたら

  暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。 春になると蜂もあら

記事を読む

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_m

愛犬のヤキモチ対策!

  愛犬が飼い主さん大好きでべったり♪ というのは 飼い主さんに

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

愛犬が上手に留守番できない?

愛犬との暮らしの中で お留守番は避けて通れません。 長時間お留守番をさせる必要が

記事を読む

P1020081

焦げる?暖房器具と犬の低温やけど

  春の陽気かと思いきや 冷たい風で寒さを感じる日が続いていますね。

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

8a4dfef42aa49fa07ae8784aef25a35f_s

犬の避妊・去勢は必要なものなの?

  愛犬に避妊・去勢をさせるべきかどうか… 犬を飼っている方は必ず悩む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る