*

愛犬が焦げる?冬の低温やけど

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


8a17105824fa09d6224245fdec2fd32b_s

 

冬になって寒くなると

人だけでなく愛犬のためにも

ストーブやホットカーペットなど

暖房器具が大活躍しますね。

 

 

特に

ストーブやファンヒーター

ハロゲンヒーターは

部屋を短時間で温めてくれるので

冬は大活躍しますね!

 

 

毛皮を着ているはずの犬たちも

なぜかこのストーブやホットカーペットが

大好きだってことも多いのでは??

我が家の愛犬も

例にもれずストーブ大好きです笑

 

 

 

しかし!注意が必要です。

犬は被毛があるぶん、

実は温度に鈍感である場合があります。

 

 

 

私たちはストーブに近付きすぎると

熱さを感じて離れたりしますが

犬は気付かず近付きすぎて

結果、被毛が焦げてしまうということもあるのです!

 

 

 

ストーブの周りに危険防止策として

金網の柵で覆う場合もありますが

これに愛犬がよりかかっていたことで

被毛が網目状に焦げてしまったという例もあります!

 

 

 

被毛が焦げたレベルならまだしも

もちろん火傷になる危険性もあるので

愛犬がストーブに近付きすぎないように

飼い主さんが注意してあげてくださいね!

 

 

 

また、ホットカーペットは

高温でない分安心しがちですが

実は長時間その上で過ごす場合は注意が必要です。

 

 

 

私たちは無意識に

熱さを逃がすために体制を変えるなどしますが

老犬や高齢犬の場合は

温度に鈍感になっているうえに

寝ている時間が伸びていくことで

長時間同じ姿勢でホットカーペットの上で寝てしまうことも。

 

 

 

すると、低温やけどになってしまう危険性があるのです!

目を離す際はホットカーペットの電源を切ったり

タイマーにするなどして

長時間あたらないように注意してあげてくださいね。

 

 

 

老犬介護などで寝たきりの愛犬の防寒対策として

もしホットカーペットに寝かせることがあるなら

寝返りをうてない犬は低温やけどになる危険性が高くなるので

こまめに寝返りを打たせたり

一定時間たったらホットカーペットからおろすなどして

調節をしてあげてください。

 

 

だいたいの目安として

44℃の暖房器具に

3時間~4時間ほど触れ続けることで

低温やけどを起こす可能性があると言われています。

温度がそれよりも高くなれば

低温やけどになる目安時間も短くなります。

 

 

 

低温やけどになると

酷ければ皮膚が壊死する場合もありますので

充分注意が必要ですね。

 

 

 

万が一低温やけどになってしまった場合は

とにかくまずは患部をしっかりと冷やしましょう。

人の火傷と同じく

ビニール袋に氷水を入れたものや、

氷嚢を使って患部を冷やします。

その際に直に患部にあてるのではなく、

ガーゼや布を患部にあてて

その上から冷やしてあげましょう。

 

 

 

傷口に見えるからと言って

患部に消毒液や軟膏など

独断で薬を塗るのは避けましょう。

患部を冷やしたら、

とにかく早く獣医さんに診てもらってください。

 

 

 

低温やけどになりにくい防寒器具として

湯たんぽなどが挙げられます。

湯たんぽは人間が使うものを使用してOKですが

噛んで破壊しないよう

素材などには注意をしましょう。

 

 

 

湯たんぽのお湯の温度は

80~100℃くらいの

沸騰したお湯で問題ありません。

 

 

 

ただし、

もちろんこのまま使用すれば

ホットカーペットなどと同じく

低温やけどの危険があるため、

湯たんぽカバーなどの上から

タオルなどの厚手の布を巻いて

直接肌が触れないよう工夫することが大切です!

 

 

 

湯たんぽは火も電気も使わないので

火事の心配もないですし

温度が上がりすぎてしまう恐れもありません。

安全面としてはバッチリですね!

 

 

 

ただし!低温やけどの危険性はもちろんあるので

かならず布を巻くなどした対策をしましょう!

 

 

 

その他、

犬の安全面を考えた

ペット用の防寒アイテムも数多くあります。

やはり、これらを利用する方が

犬にとっては安全です。

 

 

 

例えば

〈ペットプロ あったかソフトマット〉

81NEVvIFkmL._SL1500_

こちらは愛犬の体温を利用するあったかマット♪

表面はソフトボアで肌ざわりが良く

その下にあるアルミシートが体温を反射してじんわり暖め、

その下の発泡ポリエチレンシートが反射熱を保温!

その下にはウレタンが床からの冷気を遮断してくれるのです♪

 

000000001357_1_thumb

 

 

これは火も電気も使わないので

火事などの危険性もないですし

体温を利用しているので

低温やけどの危険性もありません!

 

→→あったかソフトマットはこちら!←←

 

 

その他に、ちょっとした工夫でも

保温効果をアップさせることができます。

 

 

たとえば愛犬のベッドは

フチが高いものを選ぶことで

保温性が上がるため

寒さ対策としておすすめ。

また、毛布などを入れておけば

愛犬が自分で体温調節をすることもできますね。

 

0000000013342

 

→→フチありベッドはこちら!←←

 

 

特にお留守番をさせるときなど

目を離す際は

このような防寒器具を利用して

安全面に配慮することが大切ですね。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬の冬の防寒対策として

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼ほかにもあったか対策など情報満載♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の夜鳴き対策!

      老犬になって 介護が必要に

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

DSC_0092

犬のカーミングシグナルで愛犬の気持ちを知る。

  ご存知の通り、犬は言葉を話すことができません。 確かに言語によって

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

70d85abf757f19aa6370436164f33063_s

犬のしっぽは骨折する!

      犬といったら その尻尾を振

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

高齢犬が咳をするのは何のサイン?

  人間と同じく犬も咳をします。 それは気道に入った異物や菌を外へ出そ

記事を読む

b3269f89d9a4310d911e22f198c510ce_m

犬と海へお出かけの注意点!

      暑くなってきて 夏なので海

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>