*

犬の心臓マッサージと人工呼吸

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


inu26

 

考えたくは無いことですが

犬にだって万が一という緊急事態はあります。

 

海外でのお話ですが

火事で逃げ遅れて意識不明になった犬を

消防士さんが人工呼吸をすることにより

命を救ったという出来事がありました。

 

消防士さんは人間の蘇生術は知っていても

もちろん犬の蘇生術は知りませんでした。

それでもやらないよりは、と行ったところ

奇跡的に意識を取り戻したのです!

 

命を諦めないことは大切ですね。

今回は人命救助のプロとはいえ

犬の方法をしらなかったにもかかわらず命は助かりました。

つまりちゃんとした方法が頭のどこかにあれば

いざという時に愛犬の命を救える可能性がグンと高くなるのです!

 

それこそ震災の時など

愛犬が意識不明になったとき

心肺停止状態となってしまったとき

その大切な愛犬の命を救うため

ぜひ犬の心肺蘇生術を頭にいれておきましょう。

 

 

犬の人工呼吸は【マウスツーノーズ】と言います。

これは人の場合は口から口へ空気を送りますが

犬の場合は口から犬の鼻へ空気を送り込むためです。

 

①犬の呼吸を確認しましょう

胸の動きを見たり、鼻先にティッシュをあてて揺れるか見たりして確認します

②呼吸が止まっていたら人工呼吸をします

まず犬の体を右側を下にして寝かせ、首を伸ばして気道を確保します

③口内に異物がないか確認します

嘔吐物や舌、ヨダレなどが詰まっていたら取り除きます

④犬の鼻を口で覆って空気を送り込む

空気がもれないよう犬の口を両手で覆うように押さえ、

自分の口で犬の鼻をすっぽり覆って胸が膨らむくらい息を入れる

※勢い良く入れると胃にいってしまうので、3秒くらいかけてゆっくり吹き込む

⑤4秒間隔くらいのペースで行い自分で呼吸をするか確認する

 

これが犬の人工呼吸、マウスツーノーズです。

この後、犬の心臓が動いているかどうかで対応が変わります。

動いているなら4~5回の人工呼吸に1回くらい

心臓がちゃんと動き続けているか確認をして

呼吸が回復するまでマウスツーノーズをくり返します。

 

 

犬の心臓が止まってしまっている場合は

心臓マッサージを行う必要があります。

 

①犬の体を右側を下にして寝かせます

②口内に異物があれば取り除く

 

ここからいよいよ心臓マッサージですが

小型犬と中・大型犬とでは少し方法が違います

 

〈小型犬の場合〉

③指で圧迫してマッサージする

→前足の付け根から少し下の位置の胸を、お腹側から心臓を手で包むように挟んで

もう片方の手を背中から包むように挟み両手の親指が隣同士に並ぶようにする

(両手で犬の胸囲を包み、親指が心臓の上にきている感じ)

→この両手の親指で心臓を押して指圧する

※押す強さは胸が3~4cm沈むくらい

※10回の心臓マッサージに1回人工呼吸をする

 

〈中・大型犬の場合〉

③手のひらの親指の付け根あたりでマッサージする

→犬の前足の付け根から少し下(心臓の位置)に親指の付け根あたりをあてて手を置き、

その手の甲にもう片方の手を重ねる

→ひじを伸ばして体重をかけるようにして押す

※押す強さは胸が5~6cm沈むくらい

※5回の心臓マッサージに1回人工呼吸をする

 

この心臓マッサージと人工呼吸を

犬の脈拍がもどるまで続けます。

 

定期的に心拍と呼吸をチェックして

回復した方はやめても大丈夫です。

人間の心肺蘇生術と同じく

2人いれば心臓マッサージとマウスツーノーズを交互にできるので

1人にかかる負担を減らすことができます(*^^*)

 

ただ、その場合はタイミングがとても大切です。

けして心臓マッサージとマウスツーノーズを同時にやらないこと。

心臓マッサージをする→マウスツーノーズをする

という流れをちゃんと作ってくださいね!

 

 

いかがでしょうか?

大切な愛犬の心拍が止まってしまったら…

ほとんどの飼い主さんがパニックを起こすことと思います。

そんな時にすぐに蘇生術が行えるようにするためには

その手順を頭にいれて、

イメージトレーニングを行っておくことが大切です!

 

もちろん動物病院へつけば

その作業は獣医さんのお仕事ではありますが

心臓が止まってから、もしくは呼吸がとまってから

動物病院に行くまでの時間

何もしないのは愛犬の命に関わる可能性があります!

 

いざというとき、愛犬の命を救うためにも

ぜひ犬の心臓マッサージとマウスツーノーズを知っておいてくださいね(*^^*)

 

▼愛犬との暮らしをまもる通販サイト ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

高齢犬・老犬のおむつ活用法

  愛犬が歳を取り 高齢犬…老犬となってくると 排泄のトラブルが

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

老犬がご飯を食べない時原因は?

  老犬になると 食欲が低下する犬が多いですが それには様々な原

記事を読む

73ce992f81ff57771c53dc2bebfe2f05_s

犬と夏のドッグラン

    お天気のいい日は 愛犬とお出かけする方も多いで

記事を読む

dsc_0155

台風と犬、何か影響はあるの?

      最近、台風が多いですね(^^;

記事を読む

8d58fc7eb82cf5c4ca69d1f2e981b9c2_s

犬もヤキモチをやく?

    他の犬と触れ合おうとすると 愛犬がヤキモチをや

記事を読む

DSC_0581

老犬のQOLとは?

  QOLって耳にしたことはありますか?? これは老犬はもちろんのこと

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

高齢の中・大型犬が長生きするポイント♪

  昨日は「小型犬が長生きするポイント」をご紹介したので 今日は中・大

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬としゃっくり

    しゃっくりをしたことない人っていないと思います。

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬に温泉って効果があるの?

  私たちは温泉で体を癒したりしますが では犬はどうでしょう?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る