*

静電気が犬に及ぼす悪影響!

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


1399294413886

 

乾燥の季節になると

フワフワ被毛の犬も

セーターを着ている私たちと同じく

パチっと静電気が起こりますね(^_^;)

寒い季節は毛の量も増える犬が多いので

余計に犬の静電気が増える傾向にあります。

 

静電気の原因は乾燥です。

冬はストーブなどの暖房器具により

さらに空気は乾燥しやすくなっています。

そんな中犬の毛がカーペットや毛布などに擦れ

摩擦が起こることで帯電し

私たちと接触した時に静電気が起こってしまうのです(>_<)

 

犬の毛はポリエステルとの間で静電気を起こしやすいそうなので

洋服を着せる犬の場合は特に静電気対策が必要になりますね!

 

 

静電気の対策が必要な理由には

もちろんパチっという静電気で

痛い思いや怖い思いをさせない…ということもありますが、

実は静電気はハウスダストや花粉を引き寄せてしまうのです!!

 

この季節は花粉がからだにくっつくと

犬は花粉症で皮膚トラブルを起こしやすいです。

それをグイグイと引き寄せてしまう静電気は

この季節は大敵なのです!

 

またホコリやダニ、細菌などのハウスダストも

犬の健康には悪影響…

特に乾燥の季節は皮膚のバリア機能が低下しやすいので

余計に皮膚トラブルに繋がりやすいのです(>_<)

 

ハウスダストはお部屋の掃除や

ベッドやマットなどのこまめな洗濯も必要ですが

やはり静電気で引き寄せてしまうのは避けたいところですね(^_^;)

 

 

そんな犬の静電気対策は

まず犬の被毛に起きる静電気を予防すること!

 

毎日のブラッシングの際

そのままブラシでとかしていると

ブラシと被毛との摩擦で静電気が起こりやすくなります…

 

そこでブラッシングの際に

ブラッシングスプレーを使用するのがオススメです!

最近では静電気防止効果のあるものも販売されているので

冬場はそれを利用するのもいいと思います。

 

▼静電気も防止するグルーミングスプレー▼

pgsia101c1

 

いわゆる被毛の保湿で乾燥を防いでいるのですが、

これが霧吹きなどで水をかけるだけでは

濡れている間は予防ができても

乾いた後はその効果がなくなってしまうので

やはり被毛を保湿する効果のあるスプレーを使うのが一番です。

 

また保湿ではなく

リンスやトリートメント効果のあるブラッシングスプレーを使うのも効果的。

そしてシャンプーの後にリンスをするのも

静電気予防には効果があるとされています。

 

シャンプーのほとんどは

その洗浄成分からマイナスの電気を毛に残しやすく

そのままでは静電気を起こしやすいのです…

そのためプラスの電気を帯びやすいリンスやコンディショナーを使うことで

その電気を中和させ、静電気を起こしにくくするのです♪

 

もちろんリンス効果で滑らかな被毛にすると

それだけ摩擦が起こりにくくなるので

静電気も起こりにくくなる…という考えもありますね(*^^*)

 

 

また犬に服を着せる場合は

綿や羊毛など

静電気の起こりにくい素材の服を選ぶのがオススメ。

静電気を起こしやすいポリエステルの服の場合は

上記のリンス効果と同じ理由から

洗濯の際に柔軟剤を使ってあげると静電気予防効果があるそうです♪

これは愛犬と触れ合う飼い主さんの洋服にも言えることですね笑

 

 

そして室内の静電気対策も大切ですね。

クッションやカーペット、ソファーなどの布製品には

静電気防止スプレーなどを使うのも効果が期待できます。

…が、皮膚が弱い犬の場合は炎症を起す危険もあるので注意しましょう。

 

一番大切なのは室内の湿度を管理すること!

静電気は湿度が20%を切ると起こりやすいそうです。

加湿器や濡れタオルを室内に干すなどして

室内の空気の乾燥対策をしましょう!

 

 

いかがですか?

静電気のあのパチってやつ

地味に痛いし、けっこう怖いですよね(^_^;)

上記の対策は私たちにも効果的なので

ぜひ犬も飼い主さんも

家族みんなで静電気対策をしてみてください♪

 

 

▼その他グルーミング用品も揃う通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

  愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。 そうなるとお

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

  健康のために 野菜をたくさん食べる!! というのは私たちの常

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

DSC_0473

犬の味覚?犬は味の違いを理解しているの?

  私たちが食べ物に味を感じるように 犬たちにだって味覚はあります。

記事を読む

DSC_0048

ダニは愛犬の命にかかわる?

    暖かくなってきました。 すると活発になる虫・・

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

dsc_0155

台風と犬、何か影響はあるの?

      最近、台風が多いですね(^^;

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>