*

愛犬の上手な写真の撮り方

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


3267805469_b8442b96ba_o

 

愛犬の写真はどんどん増えていきますね。

可愛い愛犬はついつい沢山撮ってしまうというのが

飼い主さんの性だと思います笑

 

せっかく撮るからには

やはり上手に綺麗に写してあげたいですよね?

しかし犬は動き回るから撮りにくいうえに

黒い犬は写りがどうしてもわるくなりがちです。

 

今日はそんな飼い主さんのため、

上手な愛犬の撮り方のポイントをご紹介します!

 

 

まずは身だしなみ♪

私たちも写真を撮るとなったら

髪の毛をささっと整えたり

化粧を直したりしますよね??

同じく犬だって写真を撮る時はブラッシングなどをして

綺麗にしてあげましょう!

 

次に犬との距離ですね。

もちろん遠い場所の犬を撮るほうが

動いてしまった時の対処はしやすいですが笑

可愛いならやっぱり近い距離ですね!

オモチャやお菓子などでつりながら近くで撮影をしましょう♪

オヤツなどでは興奮しすぎてしまう場合は

音などで注意を向けるのもオススメです。

 

意外なポイントはフラッシュをなるべく使わないこと。

愛犬の柔らかい感じを引き出すには

自然光を極力活用するのがオススメです。

室内での撮影の際は昼間の日光を利用するのがいいですね。

直射日光をそのまま利用するよりも

レースカーテンなどを挟む方が光が柔らかくなります。

この時に光が斜め前から入る位置に愛犬がくるようにすると

瞳にキラっと輝きが入りいきいきとした表情になりますよ!

 

犬は私たちよりも体高が低いため、

どうしても上から愛犬を撮る写真が多くなりますが

より可愛く見せるには

愛犬の目線の高さで撮影をするのがオススメです。

こうすることで背景まで綺麗に写り

より愛犬を際立たせることができるのです♪

愛犬を可愛く撮影するためには

多少地面に這いつくばるくらいの気合が大事ですね笑

 

また、撮影できになるのは手ブレですね(^_^;)

愛犬が静止しているにもかかわらず

写真がブレてしまいがちな場合は

机や台に肘をつけてシャッターを押す際にブレないようにしたり、

台が無い時はワキをしめると安定しやすいのでオススメです。

三脚なども利用するとよりブレは少なくなりますよ。

 

 

ここまでは簡単にできそうなポイントでしたが、

性能の良いカメラ使用の場合

ちょっと覚えておくと良いポイントを紹介します。

動く犬を撮影したい場合は

コンパクトカメラよりも一眼レフを使用した方が

ピントをあわせる機能性が高いのでオススメ。

ただし値段が高いところが悩むところですね(^_^;)

 

さて、まずはブレとボケ。

さきほどの固定の話とは別に

実は「絞り」を調節するというのがポイントなのです。

この絞りって明るさを調節するもので、

小学校とかの顕微鏡で「絞り」を調節して明るさを変えましたよね?

あれと同じことをするのです。

 

絞りは大きいほどピントを合わせられる範囲が広くなるため、

絞りを大きくした方がボケにくくなり、

全体的に鮮明な写真がとれるようになります。

…が、それと引き換えにシャッタースピードが遅くなるので

ブレやすくなるのが欠点(>_<)

絞りは大きくしすぎず、

出来る限り目のあたりにピントをあわせると

ボケが目立ちにくくブレにくい写真が撮れます。

 

逆を言うなら、

シャッタースピードを上げると

ブレを抑えることができます。

つまり動き回る犬を撮影したい場合は

このシャッタースピードに注目するのがポイント!

また、ISO感度という数値をあげることでも

ブレにくくすることができます。

 

これらは始めは調節が難しいですが、

感覚なので沢山とっていいバランスを見つけてみましょう♪

 

 

 

いかがでしょうか?

写真は撮れば撮るほど上達するものです♪

色々と試しているうちに

写真も上達しますよ!

ぜひ今回の内容を参考にして

練習をしてみてくださいね(*^^*)

 

▼ペットとの暮らしを応援する通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬に温泉って効果があるの?

  私たちは温泉で体を癒したりしますが では犬はどうでしょう?

記事を読む

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

DSC_0398

愛犬が交通事故に合わないために

  交通事故。 それは私たちと暮らしをともにする犬にだって 起こ

記事を読む

4383cc1c8f0b6b9cb55495d47336ca3e_s

犬のおもちゃ、種類と特徴♪

    犬はおもちゃで遊ぶのが大好き♪ もちろん「遊ぶ

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

582e53fcb0f9141774668061bf33cfab_s

犬はなぜ、夏においやすい?

      最近お天気が微妙な日が続きますね

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

70d85abf757f19aa6370436164f33063_s

犬のしっぽは骨折する!

      犬といったら その尻尾を振

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る