*

絶対に迷子犬にさせない!愛犬の鑑札は義務です。

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


536dbcf3aa78f170efb5853215d60706_m

 

うちの子は大丈夫。

…そう思いやすい愛犬の迷子。

なぜそう思ってしまうのか?

愛犬への信頼が変な方向に働いているのかもしれません(^_^;)

 

大人しいから逃げない

老犬だから逃げない・捕まえられる

外ではしっかりリードをつけている

 

色々な理由があげられますが

基本は大好きな愛犬が飼い主さんから離れない

離れても戻ってくる

という自信が大きいような気がします。

 

 

しかし、それを確信してはいけません。

状況によってはどんな犬でも迷子になる危険性が有ります。

もちろん離れようと思って離れたわけではない

そんなパターンもあるのです。

 

例えば何かの拍子に驚いて…

というのが挙げられます。

雷や花火などの突然の大きな音にびっくりして

ついつい飛び出してしまったり

老犬だから大丈夫と思っていたら

地震などの震災でパニックになり

何処かへとんで逃げてしまったなど…

 

これらは犬が故意に逃げようと思ったわけではないかもしれません。

しかし、勢いで飛び出してしまったものの

帰り道が分からなくなることだってあります。

これが見慣れた場所ではなく

出かけ先であったら尚更ですね。

 

また、若いうちはどうしても

遊んでいるうちに興奮し、

テンションが上がって

リードを振り払って飛び出してしまったり、

室内だと油断していたところ

来客の際にドアの隙間から外へと飛び出てしまうこともあります。

 

いくら普段から注意をしていても

何かの拍子に愛犬とはぐれてしまう、というのはあり得る話です。

だからなおさら、外出の際は命綱であるリードは必須ですね。

たとえば何かの拍子に道路へと飛び出しそうになったとき、

愛犬が何かに驚いて興奮してしまった時、

自転車などが横をすり抜けるとき、

そんな危険な瞬間に愛犬を守れるのは

リードと飼い主さんがつながっているとうことです。

咄嗟にリードをひいて危険を回避することができますね。

 

 

迷子になるのは

犬だって心細くて不安で怖いです。

不安でたまらない犬は

時に恐怖心から攻撃的になることがあります。

これは普段人懐こい犬だから大丈夫ということはありません。

どんな犬でもパニックになれば何をしてもおかしくないのです。

 

そんなとき、たまたま通りかかった人や

保護しようとしてくれた人を傷つけてしまうかもしれません。

しかしこれは「不安だったから仕方なかった」では済まないですね…

人を傷つけてしまった犬はより肩身がせまくなってしまいます。

 

保護される迷子犬でまず心配されるのは

飼われている犬なのかどうか。

そして予防接種をちゃんと受けている犬なのかどうか。

これらが大切です。

万が一迷子犬が人に怪我をさせてしまったとき

注射済票の有無は重要ですね。

 

身元のわからない犬はとても肩身の狭い思いをします…

もちろん犬は話すことができないので

自分がどこの誰のもとで暮らしていたかなんて言えません。

 

保護された時にこの「身元証明」ができなければ

飼い主さんのもとへとなかなか帰れないどころか

下手をすれば保健所で…という可能性だってあるのです(>_<)

 

だからこそ大切なのは

犬を飼っているなら必ずもらうはずの「鑑札」と「注射済票」

そしてできれば「迷子札」を身につけていると

よりスムーズに飼い主さんのもとへ帰ることができます!

 

実は鑑札を身につけるのは

犬を飼育する飼い主さんの義務でもあります。

…が、首輪を常にしていないなど

なかなか身に付ける習慣のない犬が多いですね(^_^;)

せめてお散歩のリードにつけるなどして

出来る限り身につけるよう習慣化してください!

 

鑑札はいわば犬の戸籍です。

ちゃんと家族がいることの証明なのです!

みなさんはディズニーのわんわん物語って見たことありますか?

このお話の中でも鑑札をもらえることは

飼い主から犬への愛情の証とされています。

そして実際に主人公のレディという犬が迷子になって保護された時、

この鑑札があることで自宅へと戻ることができます。

一方でその際に出会った鑑札のない犬たちは

自分たちの未来を嘆き悲しみます…

その鑑札がほしくてたまらないのだと訴えるのです。

それくらい、鑑札は犬の未来を分けると言っても過言ではありません…

 

 

少しは鑑札や迷子札の重要性がわかっていただけたでしょうか?

中・大型犬ならまだしも

小型犬には鑑札は大きすぎて首輪につけにくい

という場合もあるかと思います。

そんな場合は小さめの迷子札もありますし、

今は鑑札を色んな形で身につけられるアイテムも存在します。

どうにかして「我が家の家族です」という証明を

愛犬の身につけておいてください。

 

▼鑑札や迷子札をいれるポケット付バンダナ▼

bandana

 

もちろん迷子にならないため

細心の注意をはらうことは大切なことです。

しかしそれが完璧にできる…とは残念ながら言えませんね。

それを実感したのは数年前の震災ではないでしょうか?

あの時多くの犬が被災犬として

飼い主さんのもとを離れ、寂しくつらい思いをしました。

 

愛犬をどんな状況になっても守れるよう

ぜひ、命綱である鑑札そして迷子札を検討してみてください!

今はマイクロチップという方法もありますね

どの形が一番愛犬にあっているか見定めて

愛犬の命を守ってあげましょう♪

 

▼愛犬との暮らしを応援するペット用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

4383cc1c8f0b6b9cb55495d47336ca3e_s

犬のおもちゃ、種類と特徴♪

    犬はおもちゃで遊ぶのが大好き♪ もちろん「遊ぶ

記事を読む

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s

愛犬が分離不安になったら?

    前回の記事「留守中の犬のいたずら、分離不安かも?」

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

IMG_2898

犬は飼い主の笑顔を認識できる?!

  私たちは相手が「笑ってる」って どうやって識別しているでしょう?

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_m

犬にもストレスがかかってる!愛犬のストレスとは?

  人間社会はストレス社会だなんて言葉がありますが、 犬たちだってスト

記事を読む

DSC_0581

老犬のQOLとは?

  QOLって耳にしたことはありますか?? これは老犬はもちろんのこと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る