*

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

 

人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」

聞きにくい部分でもありますし

「犬を飼ううえでそこまで重要ではない」

特に

「子供を産ませる予定がなければ関係ない」

そう考える方も多いと思います。

 

 

しかし、実はこれをしっかり理解していないと

思わぬトラブルにつながる場合もあります!

今日はそんな、犬の発情期についてお話します。

 

 

【メスの発情期】

 

避妊をしていない犬の場合

個体差があるものの

およそ生後6か月~9か月くらいから発情期が始まります。

 

発情期の流れは

 

1:発情前期

女性ホルモンが多く分泌されて、出血が始まります。

大体5日~10日間続きます。

ホルモンバランスが変わる影響で

食欲低下や元気がなくなるなどの症状がみられる傾向があり、

またおしっこの回数が増えたり

気が強くなるという変化がある場合もあります。

 

 

2:発情期

これが排卵する期間。

そのため一番妊娠する可能性が高くなる時期です。

(ここで妊娠すれば、およそ2か月の妊娠期を経て出産となります)

発情期はおよそ9日~13日間続き、

出血が一番多い時期でもあります。

 

なめて自分でケアをしますが、

それでも出血で周囲を汚すことがあるので

オムツやサニタリーパンツなどを利用するのもおすすめです。

 

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

0000000015662

 

この時期の変化としては

以上に甘えん坊になったり

逆に反抗期になったりと

感情の起伏が大きくなる犬が多いです。

それは女性の方ならなんとなく想像できるかもしれませんね笑

この時期のメスのにおいはオスを強くひきつけるため

愛犬が妊娠するのを避けたい場合は

散歩を控えるなど他犬(特にオス犬)との接触をなるべくしないようにしましょう!

 

3:発情後期

発情期で妊娠をしなければ、発情後期へ移ります。

増えていたホルモンが徐々に戻り、

出血が止まります。

そのため情緒不安定だったのが落ち着き始めます。

期間としては80日~140日間。

 

犬によってはこの時期に【偽妊娠】をすることがあり、

赤ちゃんができたときのように

巣作りをしたり

おもちゃを集めたりするなどの行動をとる犬もいます

f82acf07db2c5eef11245dadea0da846_s

 

4:無発情期

こうして発情が終わり、無発情期へと戻ります。

この無発情期の期間はおよそ50日~200日間。

また1の発情前期へと進み、そのサイクルとなります。

 

 

発情期の犬は人と似ていて

ホルモンの変化によって

心身的な変化が起こるのですね♪

 

 

さて、そう考えれば女性のみなさん

どうにか発情期の愛犬をサポートしてあげたくなりますが

特別に対応を変える、などは必要なく

いつも通り落ち着いて接してあげてください(*^^*)

唯一気を付けるとすれば

それはオス犬とむやみに接触しないようにすること!

これが重要になります!!

 

 

飼い主にとっては

どの犬が発情中なのか、

そもそもどの犬がメスなのかすらよくわかりません。

 

発情中のメスを追おうとするオスの本能はすさまじく

時に飼い主の抑えられない力で接触しようとします。

これはしつけ云々の話ではなく

犬自身もあらがえないものです。

 

 

もちろん愛犬のコントロールは大事ですが

相手側が避けてくれるだろうという気持ちでいると

思わぬ接触から妊娠に繋がってしまう恐れもあります。

愛犬が発情中の場合は

できれば犬が集まる場所は避け

他犬が接触しないよう注意をする必要があります。

 

 

発情中まったく外に出ないというのもできないので、

外出の際は以下のことを意識してください

 

・出血がおさまってからも、2~3週間は犬が多い場所には行かない

・他の犬が近寄ってきたら遠ざけるようにするか、抱っこする

・外でオシッコをするときは、できるだけトイレシーツで受ける

 

最後のトイレシーツで受ける理由は

犬は尿でも発情しているかがわかってしまうので

オシッコをした場所をとても気にする犬もいます。

なぜかその場所から離れなくなる犬が続出するのを避けるためにも

サニタリーパンツをつけて外出するか

トイレの際はシーツで受けるなどの配慮をするのがおすすめです♪

 

 

また、サニタリーパンツを着用すると

外出時も相手に愛犬が発情中であることが伝わりやすいので

より、むやみに他犬と接触するのを防げたりもします!

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

 

 

いかがでしょうか?

愛犬が生理になったと気づいたら

できる限り外出時の対応に気を配ってあげてくださいね♪♪

次回はオスの発情期のお話をします(^▽^)/

 

ペットベリー本店

 

関連記事

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬も花粉症で苦しむの?

  花粉がつらい季節となりました。 今は杉花粉ですね(^_^;)

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

高齢犬が咳をするのは何のサイン?

  人間と同じく犬も咳をします。 それは気道に入った異物や菌を外へ出そ

記事を読む

61c2e88f9afedaffb416d57abf941af2_s

愛犬の冬の温か対策

    気温が下がってきて 朝晩は冷え込むようになりま

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る