*

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

 

人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」

聞きにくい部分でもありますし

「犬を飼ううえでそこまで重要ではない」

特に

「子供を産ませる予定がなければ関係ない」

そう考える方も多いと思います。

 

 

しかし、実はこれをしっかり理解していないと

思わぬトラブルにつながる場合もあります!

今日はそんな、犬の発情期についてお話します。

 

 

【メスの発情期】

 

避妊をしていない犬の場合

個体差があるものの

およそ生後6か月~9か月くらいから発情期が始まります。

 

発情期の流れは

 

1:発情前期

女性ホルモンが多く分泌されて、出血が始まります。

大体5日~10日間続きます。

ホルモンバランスが変わる影響で

食欲低下や元気がなくなるなどの症状がみられる傾向があり、

またおしっこの回数が増えたり

気が強くなるという変化がある場合もあります。

 

 

2:発情期

これが排卵する期間。

そのため一番妊娠する可能性が高くなる時期です。

(ここで妊娠すれば、およそ2か月の妊娠期を経て出産となります)

発情期はおよそ9日~13日間続き、

出血が一番多い時期でもあります。

 

なめて自分でケアをしますが、

それでも出血で周囲を汚すことがあるので

オムツやサニタリーパンツなどを利用するのもおすすめです。

 

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

0000000015662

 

この時期の変化としては

以上に甘えん坊になったり

逆に反抗期になったりと

感情の起伏が大きくなる犬が多いです。

それは女性の方ならなんとなく想像できるかもしれませんね笑

この時期のメスのにおいはオスを強くひきつけるため

愛犬が妊娠するのを避けたい場合は

散歩を控えるなど他犬(特にオス犬)との接触をなるべくしないようにしましょう!

 

3:発情後期

発情期で妊娠をしなければ、発情後期へ移ります。

増えていたホルモンが徐々に戻り、

出血が止まります。

そのため情緒不安定だったのが落ち着き始めます。

期間としては80日~140日間。

 

犬によってはこの時期に【偽妊娠】をすることがあり、

赤ちゃんができたときのように

巣作りをしたり

おもちゃを集めたりするなどの行動をとる犬もいます

f82acf07db2c5eef11245dadea0da846_s

 

4:無発情期

こうして発情が終わり、無発情期へと戻ります。

この無発情期の期間はおよそ50日~200日間。

また1の発情前期へと進み、そのサイクルとなります。

 

 

発情期の犬は人と似ていて

ホルモンの変化によって

心身的な変化が起こるのですね♪

 

 

さて、そう考えれば女性のみなさん

どうにか発情期の愛犬をサポートしてあげたくなりますが

特別に対応を変える、などは必要なく

いつも通り落ち着いて接してあげてください(*^^*)

唯一気を付けるとすれば

それはオス犬とむやみに接触しないようにすること!

これが重要になります!!

 

 

飼い主にとっては

どの犬が発情中なのか、

そもそもどの犬がメスなのかすらよくわかりません。

 

発情中のメスを追おうとするオスの本能はすさまじく

時に飼い主の抑えられない力で接触しようとします。

これはしつけ云々の話ではなく

犬自身もあらがえないものです。

 

 

もちろん愛犬のコントロールは大事ですが

相手側が避けてくれるだろうという気持ちでいると

思わぬ接触から妊娠に繋がってしまう恐れもあります。

愛犬が発情中の場合は

できれば犬が集まる場所は避け

他犬が接触しないよう注意をする必要があります。

 

 

発情中まったく外に出ないというのもできないので、

外出の際は以下のことを意識してください

 

・出血がおさまってからも、2~3週間は犬が多い場所には行かない

・他の犬が近寄ってきたら遠ざけるようにするか、抱っこする

・外でオシッコをするときは、できるだけトイレシーツで受ける

 

最後のトイレシーツで受ける理由は

犬は尿でも発情しているかがわかってしまうので

オシッコをした場所をとても気にする犬もいます。

なぜかその場所から離れなくなる犬が続出するのを避けるためにも

サニタリーパンツをつけて外出するか

トイレの際はシーツで受けるなどの配慮をするのがおすすめです♪

 

 

また、サニタリーパンツを着用すると

外出時も相手に愛犬が発情中であることが伝わりやすいので

より、むやみに他犬と接触するのを防げたりもします!

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

 

 

いかがでしょうか?

愛犬が生理になったと気づいたら

できる限り外出時の対応に気を配ってあげてくださいね♪♪

次回はオスの発情期のお話をします(^▽^)/

 

ペットベリー本店

 

関連記事

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

  暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」 犬たちは毛皮を年中ま

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

DSC_0473

犬の味覚?犬は味の違いを理解しているの?

  私たちが食べ物に味を感じるように 犬たちにだって味覚はあります。

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら 残ったご飯にお味噌汁をかけてあ

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

1 (2)

犬も夏バテ!その症状と解消法

      犬は体温を下げるのが苦手なので

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>