*

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

 

人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」

聞きにくい部分でもありますし

「犬を飼ううえでそこまで重要ではない」

特に

「子供を産ませる予定がなければ関係ない」

そう考える方も多いと思います。

 

 

しかし、実はこれをしっかり理解していないと

思わぬトラブルにつながる場合もあります!

今日はそんな、犬の発情期についてお話します。

 

 

【メスの発情期】

 

避妊をしていない犬の場合

個体差があるものの

およそ生後6か月~9か月くらいから発情期が始まります。

 

発情期の流れは

 

1:発情前期

女性ホルモンが多く分泌されて、出血が始まります。

大体5日~10日間続きます。

ホルモンバランスが変わる影響で

食欲低下や元気がなくなるなどの症状がみられる傾向があり、

またおしっこの回数が増えたり

気が強くなるという変化がある場合もあります。

 

 

2:発情期

これが排卵する期間。

そのため一番妊娠する可能性が高くなる時期です。

(ここで妊娠すれば、およそ2か月の妊娠期を経て出産となります)

発情期はおよそ9日~13日間続き、

出血が一番多い時期でもあります。

 

なめて自分でケアをしますが、

それでも出血で周囲を汚すことがあるので

オムツやサニタリーパンツなどを利用するのもおすすめです。

 

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

0000000015662

 

この時期の変化としては

以上に甘えん坊になったり

逆に反抗期になったりと

感情の起伏が大きくなる犬が多いです。

それは女性の方ならなんとなく想像できるかもしれませんね笑

この時期のメスのにおいはオスを強くひきつけるため

愛犬が妊娠するのを避けたい場合は

散歩を控えるなど他犬(特にオス犬)との接触をなるべくしないようにしましょう!

 

3:発情後期

発情期で妊娠をしなければ、発情後期へ移ります。

増えていたホルモンが徐々に戻り、

出血が止まります。

そのため情緒不安定だったのが落ち着き始めます。

期間としては80日~140日間。

 

犬によってはこの時期に【偽妊娠】をすることがあり、

赤ちゃんができたときのように

巣作りをしたり

おもちゃを集めたりするなどの行動をとる犬もいます

f82acf07db2c5eef11245dadea0da846_s

 

4:無発情期

こうして発情が終わり、無発情期へと戻ります。

この無発情期の期間はおよそ50日~200日間。

また1の発情前期へと進み、そのサイクルとなります。

 

 

発情期の犬は人と似ていて

ホルモンの変化によって

心身的な変化が起こるのですね♪

 

 

さて、そう考えれば女性のみなさん

どうにか発情期の愛犬をサポートしてあげたくなりますが

特別に対応を変える、などは必要なく

いつも通り落ち着いて接してあげてください(*^^*)

唯一気を付けるとすれば

それはオス犬とむやみに接触しないようにすること!

これが重要になります!!

 

 

飼い主にとっては

どの犬が発情中なのか、

そもそもどの犬がメスなのかすらよくわかりません。

 

発情中のメスを追おうとするオスの本能はすさまじく

時に飼い主の抑えられない力で接触しようとします。

これはしつけ云々の話ではなく

犬自身もあらがえないものです。

 

 

もちろん愛犬のコントロールは大事ですが

相手側が避けてくれるだろうという気持ちでいると

思わぬ接触から妊娠に繋がってしまう恐れもあります。

愛犬が発情中の場合は

できれば犬が集まる場所は避け

他犬が接触しないよう注意をする必要があります。

 

 

発情中まったく外に出ないというのもできないので、

外出の際は以下のことを意識してください

 

・出血がおさまってからも、2~3週間は犬が多い場所には行かない

・他の犬が近寄ってきたら遠ざけるようにするか、抱っこする

・外でオシッコをするときは、できるだけトイレシーツで受ける

 

最後のトイレシーツで受ける理由は

犬は尿でも発情しているかがわかってしまうので

オシッコをした場所をとても気にする犬もいます。

なぜかその場所から離れなくなる犬が続出するのを避けるためにも

サニタリーパンツをつけて外出するか

トイレの際はシーツで受けるなどの配慮をするのがおすすめです♪

 

 

また、サニタリーパンツを着用すると

外出時も相手に愛犬が発情中であることが伝わりやすいので

より、むやみに他犬と接触するのを防げたりもします!

☆ペットベリーおすすめのオムツ&サニタリー☆

 

 

いかがでしょうか?

愛犬が生理になったと気づいたら

できる限り外出時の対応に気を配ってあげてくださいね♪♪

次回はオスの発情期のお話をします(^▽^)/

 

ペットベリー本店

 

関連記事

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

dc55cbd466453cb605eabdf6a5fa8d32_s

愛犬とドッグカフェで上手に過ごすには?

  犬と一緒に訪れることができる施設が増えましたね。 その代表

記事を読む

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

冬の犬のしもやけにご注意を!

  寒い季節になると 悩まされる「しもやけ」… 実は犬も

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬介護の仕方~トイレの介護~

  老犬になると様々な原因から トイレの介護が必要になるケースもありま

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

老犬がご飯を食べない時原因は?

  老犬になると 食欲が低下する犬が多いですが それには様々な原

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>