*

犬が蜂に刺されたら

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

 

暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。

春になるともあらわれ始めます。

 

 

蜂といえば刺される恐怖がありますが、

人だけでなく

もちろん犬も被害にあいます。

 

 

私たちは蜂が危険なものと認識しているので

できるだけ近寄らないようにしたり

刺されないために刺激しないよう注意しますね。

 

 

しかし犬はそうはいきません。

近くをブンブン飛んでいて

嫌だと思えば払いのけようとしますし、

好奇心が旺盛な犬の場合

動く蜂に興味がわいて

ぱくっと口に入れてしまう場合もあるのです!

 

 

 

もちろんそんなことをすれば

驚いたり身に危険を感じた蜂が

犬を刺してしまいます・・・

 

 

 

犬が蜂に刺された場合

赤く腫れてしまうだけという場合もあれば

中毒症状を起こしてしまう場合もあります!

 

 

 

蜂に刺されることで有名な危険症状は

アナフィラキシーショックですね。

 

 

 

これはいわゆる強いアレルギー反応です。

そのため1度目に刺されたときに体が異物として覚えるので、

2度目に刺されたときに大きなアレルギー反応を引き起こします。

 

 

 

もし愛犬が1度蜂に刺された経験がある場合は

2度目刺されないように十分に気を付けましょう。

1度目の症状が軽度であっても

もしかしたら2度目は

アナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあります。

 

 

 

蜂に刺されたかも?と思ったら

まずは腫れているところはないか十分に確認をしましょう。

 

 

 

蜂に刺されたところを発見したら

針が残っていないかチェックしてください。

もし残っていたら中に入らないように

毛抜きやピンセットで取り除く

蜂の針を吸い出す機械などもありますので

それを利用して取り除きましょう。

 

 

 

針がとれたら、

蜂の毒は水に溶ける性質を持つため

冷水で患部を洗い流します。

 

 

毒が血によって全身をまわってしまうのを抑えるために

血の流れをゆるやかにするため、

暖かいお湯ではなく、冷たい水で洗うのがポイントです。

 

 

 

患部を洗ったら

冷たいタオルなどで患部を冷やしましょう。

 

 

 

ここまでの応急処置がおわったら

すぐに獣医さんに診てもらってくださいね。

 

 

 

では、蜂に刺されないための対策・・・

と、ご紹介したいところですが

これがなかなか明確なものがありません

 

 

もちろん蜂は

犬が大好きな草むらにいる可能性が高いので

草むら付近では蜂がいないか注意をすることが大切です。

 

 

また、

蜂は黒いものに攻撃的になりやすいので

黒い被毛の犬は特に気を付け、

また外出の際に服を着せるなどして

黒の露出が少なくなる工夫をするのもオススメです。

(諸説によれば、白や黄色は刺されにくい傾向にあるとか・・・)

 

 

 

実は、蜂に刺されて愛犬が亡くなるというケースも多くあります。

私たちは蜂と遭遇しても逃げようとしますが

犬は本能的に攻撃しようとしてしまう傾向にあります。

 

 

そのため、飼い主さんが蜂に気付いたら

そこには近寄らずそっとその場から離れましょう

 

 

 

これからお花が綺麗な季節になりますね。

するともちろん蜂の数も増えてきます。

愛犬を守ってあげるためにも

ぜひ意識してあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼ペットとの暮らしを支える通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

老犬ホームってなに?

  ペットの獣医学が発達することで 犬も長寿化しており 平均寿命

記事を読む

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬としゃっくり

    しゃっくりをしたことない人っていないと思います。

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

17cfd2b670fa061fc52c88843c2ba47a_s

老犬にもおススメ!ドッグマッサージの仕方

犬は気楽に過ごしているようにみえるかもしれませんが、 私たちの暮らしに合わせて生活をす

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

高齢犬や老犬と一緒に歩こう♪

    どうしても目を逸らしたい問題… それは愛犬の老

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

1

老犬が下痢をする原因は?

  老犬の下痢に悩む飼い主さんは多いようです。 みなさんもご存じのよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>