*

犬が蜂に刺されたら

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

 

暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。

春になるともあらわれ始めます。

 

 

蜂といえば刺される恐怖がありますが、

人だけでなく

もちろん犬も被害にあいます。

 

 

私たちは蜂が危険なものと認識しているので

できるだけ近寄らないようにしたり

刺されないために刺激しないよう注意しますね。

 

 

しかし犬はそうはいきません。

近くをブンブン飛んでいて

嫌だと思えば払いのけようとしますし、

好奇心が旺盛な犬の場合

動く蜂に興味がわいて

ぱくっと口に入れてしまう場合もあるのです!

 

 

 

もちろんそんなことをすれば

驚いたり身に危険を感じた蜂が

犬を刺してしまいます・・・

 

 

 

犬が蜂に刺された場合

赤く腫れてしまうだけという場合もあれば

中毒症状を起こしてしまう場合もあります!

 

 

 

蜂に刺されることで有名な危険症状は

アナフィラキシーショックですね。

 

 

 

これはいわゆる強いアレルギー反応です。

そのため1度目に刺されたときに体が異物として覚えるので、

2度目に刺されたときに大きなアレルギー反応を引き起こします。

 

 

 

もし愛犬が1度蜂に刺された経験がある場合は

2度目刺されないように十分に気を付けましょう。

1度目の症状が軽度であっても

もしかしたら2度目は

アナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあります。

 

 

 

蜂に刺されたかも?と思ったら

まずは腫れているところはないか十分に確認をしましょう。

 

 

 

蜂に刺されたところを発見したら

針が残っていないかチェックしてください。

もし残っていたら中に入らないように

毛抜きやピンセットで取り除く

蜂の針を吸い出す機械などもありますので

それを利用して取り除きましょう。

 

 

 

針がとれたら、

蜂の毒は水に溶ける性質を持つため

冷水で患部を洗い流します。

 

 

毒が血によって全身をまわってしまうのを抑えるために

血の流れをゆるやかにするため、

暖かいお湯ではなく、冷たい水で洗うのがポイントです。

 

 

 

患部を洗ったら

冷たいタオルなどで患部を冷やしましょう。

 

 

 

ここまでの応急処置がおわったら

すぐに獣医さんに診てもらってくださいね。

 

 

 

では、蜂に刺されないための対策・・・

と、ご紹介したいところですが

これがなかなか明確なものがありません

 

 

もちろん蜂は

犬が大好きな草むらにいる可能性が高いので

草むら付近では蜂がいないか注意をすることが大切です。

 

 

また、

蜂は黒いものに攻撃的になりやすいので

黒い被毛の犬は特に気を付け、

また外出の際に服を着せるなどして

黒の露出が少なくなる工夫をするのもオススメです。

(諸説によれば、白や黄色は刺されにくい傾向にあるとか・・・)

 

 

 

実は、蜂に刺されて愛犬が亡くなるというケースも多くあります。

私たちは蜂と遭遇しても逃げようとしますが

犬は本能的に攻撃しようとしてしまう傾向にあります。

 

 

そのため、飼い主さんが蜂に気付いたら

そこには近寄らずそっとその場から離れましょう

 

 

 

これからお花が綺麗な季節になりますね。

するともちろん蜂の数も増えてきます。

愛犬を守ってあげるためにも

ぜひ意識してあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼ペットとの暮らしを支える通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬が便秘になったら?

    女性に多いお悩みのひとつ、「便秘」! 実は犬も

記事を読む

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

db33fab17f5ae2a5d6784762908c8899_s

オオカミからなぜ犬がうまれたの?

  犬の祖先はオオカミ… というのは皆さんご存知かと思います♪

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

DSC_0473

犬に海苔はあげてもいい?

  本日2月6日は海苔の日だそうです。 海藻は毛艶にいいとも言いますし

記事を読む

NEC_0034

犬と紫外線の注意点

    日中は日差しが強い日も増えてきましたね。 この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>