*

犬にも温泉の効果?

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬のケア, 犬の豆知識


7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

 

GWはみなさんどこかお出かけしましたか?

日々の疲れを癒しに温泉に行ったという方もいるのでは??

 

 

温泉は本当に

心身ともに私たちを癒してくれますね。

実はその温泉の効果

犬にも期待できると言われているのです!

 

 

 

温泉のお湯の効能・・・というのもありますが、

重要なのはお湯につかるということ。

 

 

 

38℃以下

適度な温度の温泉につかることで

犬もリラックスした状態になり、

犬が持つ治癒能力がアップされ、

体質改善を促し健康な体づくりを助けると言われています!

 

 

 

ということは

江戸っ子のような熱すぎる温泉ではなく

露天風呂とか若干ぬるめのお風呂がいいということですね。

 

 

 

またゆっくりお湯につかることで

新陳代謝がアップするため、

運動不足や栄養不足などで滞りがちな

血の巡りが良くなるとされています!

 

 

 

もちろん効能のある温泉の場合は

その成分が皮膚から浸透して

疾患部分に効果を発揮することも期待できるそうですよ。

 

 

 

場合によっては入浴後、

温泉の殺菌効果

体質改善の効果

かゆみが抑制される場合もあるんだとか!

 

 

 

温泉によりリラックスすると

もちろんストレス緩和にもつながりますね。

これが様々な疾患の予防にも繋がるので

色々と連鎖で健康効果が期待できます。

 

 

 

現在は犬と宿泊できる温泉宿や

犬専用の温泉があるところもあるので

探してみるのもおすすめです♪

 

 

 

また、温泉の効能は期待できませんが、

自宅でお湯加減を調節し

シャワーでシャンプーをするのではなく

お湯につからせる・・・ということでも

もしかしたら温泉の効果を一部得られそうですね。

 

 

 

▼ペット用アロマバスソルト▼
Screenshot_1

Screenshot_2

 

 

こちらは犬用のバスソルト

天然植物原料が使われているので犬にも安心ですし

アロマ効果でよりリラックス効果を得ることができます。

 

 

 

これからの季節、

寒さも和らぎ湯冷めもしにくくなるので

よかったら試してみてはいかがでしょう?

 

今回もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼ペットアロマ用品も充実♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

犬にヨーグルトは大丈夫?

    私たちの健康に良いとされるヨーグルト。 食べた

記事を読む

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

877a598b14f020b3f3c5867a2d44a202_s

犬に納豆は良い?悪い??

    納豆は体に良いというのは 私たちにとっては常識

記事を読む

3d69d176e987ef5bb2a6f49e867ed3e0_s

大型犬は特に注意!犬と胃捻転

      犬の胃捻転って、ご存知でしょうか

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

犬の肥満と糖尿病のリスク

    犬は可愛くてたまりませんね。 おねだりされたら

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

71ab903ef1815c801c106b637d508a8d_s

愛犬と口臭

今日は犬の口臭のお話を。      

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬介護の仕方~寝たきりの床ずれ予防~

  老犬になり筋力が低下していくと 最悪、自分で立つことができなくなり

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>