*

犬と夏のドッグラン

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の豆知識


73ce992f81ff57771c53dc2bebfe2f05_s

 

 

お天気のいい日は

愛犬とお出かけする方も多いですね。

週末は愛犬とドッグランに行く方もいらっしゃるのでは?

 

 

 

これから暑くなる季節、

ドッグランで遊ぶのも注意が必要ですね。

しかし注意点をしっかり気を付ければ

愛犬と楽しいコミュニケーションになります♪

 

 

 

まずは外出前に気温をチェックしておきましょう。

天気予報などでチェックできますが、

可能なら温度計でチェックしてください。

 

 

 

夏場のドッグランで注目したいのは

地面の素材です。

土や芝生のドッグランは多いですが、

中にはコンクリートのドッグランもありますね。

これは夏場遊ぶには不向きです・・・

 

 

 

太陽の熱でコンクリートの温度はかなり上がります

私たちは普段靴を履いているため気付きにくいですが、

触ってみるとかなり熱いですよ!

たまに地面で目玉焼きができる動画とかもありますよね(^^;

 

 

 

そのため場合によっては

コンクリートを歩くことで

愛犬の肉球が火傷をしてしまうことがあるのです!

火傷までいかなくても

肉球が熱のダメージを受けるため

ひび割れ角質化の原因にもなります。

 

▼夏のダメージを受ける肉球にオススメの肉球クリーム▼

pgtka118c1

舐めても安心の天然成分でできた肉球クリーム!

 

 

 

これはドッグランに限らず

夏のお散歩でも言えることですね。

夏コンクリートの上を歩かせる際は

温度をチェックしてあげましょう。

通院や外トイレ派などやむを得ない場合もありますね。

そんな場合の熱いコンクリート対策としては

犬用の靴を履かせるなどの方法もあります。

 

 

▼オールシーズンOKの脱げにくい犬用靴「ウルトラパウブーツ」▼

Screenshot_1

熱いアスファルトや雪道でも履ける優秀ブーツ♪

マジックテープで着脱も楽ちん!

 

 

 

 

次に水分補給です。

ドッグランに必ず水飲み場があるとは限りません。

水道が設置されているか事前にチェックし、

必ず飲み水を持参しましょう

 

▼犬の脱水予防に!ハイポトニック飲料▼

0000000014552

 

 

 

体を動かすため

水分補給クールダウンの休憩

なるべくこまめにとってあげましょう。

水分補給と一緒に

日陰でしっかりと休ませ

体温が高い場合は濡れタオルをあてるなどして、

上がった体温を下げてあげましょう。

 

 

 

夏のドッグランでの盲点は

排泄物の処理です。

生き物である以上排泄はしますね。

ドッグランで遊ばせる場合は

入る前にトイレを済ませるなどの配慮も大事です。

 

 

 

それでもドッグランでトイレをすることもありますね。

夏はすぐにハエや虫がわくので

排泄物は早急に処理する必要があります。

また、水をかけるなどの配慮があると尚いいですね。

 

▼トイレで流せるウンチ袋▼

0000000009862000000000986_1_thumb

紙袋とポリ袋が一体となっていて

紙袋はトイレに流せるので外出に便利!

☆その他ウンチ処理袋はこちら☆ 

 

 

 

トイレの処理もそうですが、

多くの犬や人が集まるドッグランでは

ルールやマナーを意識することがとても大切です。

 

 

 

まず、万が一を考えて

予防接種をしていない犬

ドッグランの利用は避けましょう

そしてドッグランを利用する場合は

必ず愛犬から目を離さないこと。

避妊・去勢手術をしていない場合は

発情期の犬は連れて行かないこと。

病気の場合は利用を控えること。

これらのことを意識することが大切ですね。

 

 

 

また、ドッグランに入って

すぐにリードを離してしまうと

急にテンションが上がってしまったり

臆病な子はパニックを起こす場合もあるので、

まずは犬が雰囲気になじむまで

リードをつけておくことをおすすめします。

 

 

 

1人1人がこれらを意識しあうことで

ドッグランは色んな犬と

そして人とが触れ合える素敵な場所です♪

これから暑い季節は安全や体調管理も意識して

上手くドッグランを利用してみてくださいね!

 

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼お出かけアイテムも充実☆「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬介護の仕方~トイレの介護~

  老犬になると様々な原因から トイレの介護が必要になるケースもありま

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

高齢犬の食事で注意すること

    高齢犬は寝ている時間が増え また運動量が減る傾

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬介護の仕方~寝たきりの床ずれ予防~

  老犬になり筋力が低下していくと 最悪、自分で立つことができなくなり

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

DSC_0092

犬のカーミングシグナルで愛犬の気持ちを知る。

  ご存知の通り、犬は言葉を話すことができません。 確かに言語によって

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の避妊手術と去勢手術

  犬を飼っていると悩むのが 子供を産ませるかどうか そして去勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>