*

犬のカーミングシグナルで愛犬の気持ちを知る。

公開日: : 愛犬との暮らし


DSC_0092

 

ご存知の通り、犬は言葉を話すことができません。

確かに言語によってのコミュニケーションはとれませんが

それでも犬はそれ以外の方法で私たちに想いを伝えてくれます。

 

よくよく観察すると

犬はとても表現豊かです。

その視線や鳴き声、息遣いなどから

彼らは私たちに色々なメッセージを発信してくれています。

 

その中でとりわけ言葉の変わりとなるのが

犬たちの仕草ですね。

無駄な争いを避けるため

犬たちの間でも使われるボディーランゲージ

いわゆる動作で表すシグナルを

【カーミングシグナル】と言います。

 

犬たちが無駄な争いを避けるためには

相手の敵意をいち早く感じ取ること、

そして自分には敵意がないことを相手に示す必要がありますね。

カーミングシグナルとはそのために犬が使う

コミュニケーションの1つなのです。

カーミングシグナルはノルウェーの動物学者が提唱したもので

今はおよそ27個に分類されています。

 

 

今日はその中でも

私たちとのコミュニケーションの中で役立つものを

いくつかご紹介します♪

 

 

まずは相手に「落ち着く」ことや「敵意がないこと」を促す合図。

 

・あくびをする

これは相手に落ち着いて欲しい時や

ストレスを感じた時に見せるシグナルです。

(もちろん人と同じく眠かったりリラックスしてるときにすることもあります)

しきりに愛犬があくびをしているようなら

それはストレスを感じているのかもしれません。

 

・オスワリや相手にお尻をむける

いわゆる敵意がないことや服従を示す合図。

よくお尻を向けられて座られるな~と

なんだか嫌われているように見える光景かもしれませんが、

もしかしたら「信頼」の表れかもしれませんね(*^^*)

 

・鼻を持ち上げる(顔をあげて匂いを嗅ぐ動作をする)

相手の気を落ち着かせようとしている合図。

敵意がないと示す場合は相手から少し離れた場所で行うことが多いそうです。

人に行う場合は「何かして」という要求の合図の場合もあると言われています。

 

・顔や目をそらす

相手におびえている時などに見られることが多いです。

自分には敵意がないと伝え、相手に落ち着いて欲しいと伝える合図。

これも飼い主さんが叱っているときなどに多くみられますね。

 

これらのシグナルは相手が興奮していたり敵意を向けてきていて

自分には争う気持ちがない場合

相手に気持ちの昂ぶりを落ち着かせて欲しくて

それを伝えるためにする行動です。

飼い主さんが怒っていたりする時に

犬によく見られる仕草でもありますね笑

 

 

次に「疑問形」を伝える合図。

 

会話が成立するためには

伝えるだけではなく、

相手のシグナルを読むことも大事なことですよね。

相手が何を伝えようとしているのか

それを尋ねる仕草として「ゆっくり近付く」というものがあります。

これは相手を刺激しなようにしつつ

自分が相手のシグナルを読む意思があることを

相手に伝えているのです♪

 

また自分のシグナルが伝わったか

もしくは相手からのシグナルの返事を待っている…

そんな場合は動作を急にピタッと止める仕草をします。

ただし、この急に静止するシグナルには

「緊張」を表す場合もあります。

 

そして犬同士が遊んでいる時や

飼い主と遊んでいる時によく見られるのが

前足を前に出して上体を低くし、お尻をあげるポーズ。

これは「ねぇ一緒に遊ばない??」と誘っているシグナルです。

 

 

そして「自分の気持ちを伝える」合図。

 

自分の感情を相手に伝えるシグナルです。

主に自分の緊張や興奮を伝える際に使います。

 

・あくびをする

相手に落ち着いて欲しい時にもしますが、

自分が不安や緊張を感じた際にもあくびをします。

 

・ブルブルっと体をふったり、首をかく

自分が嫌がっていることを伝え、やめてほしいと訴えています。

 

・鼻を舐める

自分の緊張をほぐそうとする時に行います。

しかし、飼い主さんの前で行った場合は

嬉しい感情を表しているとも言われています。

 

・相手の口の横を舐める

相手を敬っている時に行うシグナルです。

飼い主さんへは敬愛の意味でもありますね。

 

・地面のにおいをかぐ

自分の不安や緊張を表しています。

 

これらは最初の「落ち着くこと」を促す行動にも似ていますが

最初は相手の興奮を感じ取った時に見せるもので

これは自分の緊張や不安を相手に伝える時にみせるものです。

 

 

今回は犬によく見られる行動をいくつかピックアップしてご紹介しましたが、

この他にもカーミングシグナルは色々あります。

愛犬がよく見せる仕草があったら

もしかしたらそれは

犬から飼い主さんへ何か伝えたいことがあるのかもしれません。

もしよかったら調べてみてはいかがでしょう?(*^^*)

 

残念ながら犬と私たちは「言葉」で会話をすることができません。

しかし人間同士でも

言語の違いで会話が難しい場合がありますよね

また何らかの原因から言葉を話せない方もいらっしゃいます。

 

そんな時に使うのが身振り手振りであるように

犬たちも体を使って私たちへ「伝えて」きています。

それがカーミングシグナルなのです♪

 

ただ、上記で挙げた中にもあるように

同じカーミングシグナルでも違った意味を持つ場合もあります。

それを見分けるのは「状況」ですよね。

飼い主さんは愛犬の状況などを踏まえて見定める必要があります!

よかったらこれらを意識して

普段何を伝えようとしているのか

コミュニケーションの1つとして参考にしてみてください(*^^*)

 

▼愛犬との暮らしを応援する通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

536dbcf3aa78f170efb5853215d60706_m

絶対に迷子犬にさせない!愛犬の鑑札は義務です。

  うちの子は大丈夫。 …そう思いやすい愛犬の迷子。 なぜそう思

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

DSC_0581

老犬のQOLとは?

  QOLって耳にしたことはありますか?? これは老犬はもちろんのこと

記事を読む

1 (2)

高齢犬の暑さ対策に クールダウンの方法

    最近急に暑くなってきましたね! とはいえ、

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

高齢の中・大型犬が長生きするポイント♪

  昨日は「小型犬が長生きするポイント」をご紹介したので 今日は中・大

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

犬と蚊とフィラリア、これってどんな関係?

    夏になるとやっかいなのが 蚊ですよね 人

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る