*

4年…犬の防災対策を改めて考える

公開日: : 愛犬との暮らし


DSC_0179

 

私たちの心に大きな傷を残した

東日本大震災から4年。

その傷は深く

今でも苦しみ戦っている方がいらっしゃいます。

そしてそれは人に限らず

多くの犬や猫、動物たちも命を落とし、

また心に大きな傷を負いました。

 

震災は避ける事ができません。

だからこそ、いざという時に大切な人たちの命をまもるため

備えておくことがとても大切です。

それは4年前のあの時に学びましたね。

 

犬や猫などペットたちは

その備えを自分で行うことはできません。

いざという時に彼らの命を守れるのは

その飼い主さんだけなのです。

ぜひ、ペットたちの防災について意識してください。

 

 

では犬たちの防災対策として

一体何を準備しておけばいいのでしょうか?

 

まずはもちろん食料ですね。

避難先で犬用の食料が確保できなかったり

震災後当分の間フードなどが手に入らない可能性は高いです。

 

最悪私たち人間のものを与える他ありませんが、

それも十分にあるか分かりませんし

やはり普段食べ慣れているものを与えるのが一番です。

保存がきき、普段食べているフードを

常に1週間分ほどは最低でも準備しておきましょう。

その他エネルギーを補給できるものなどもあると便利です。

 

☆いざという時の非常食に わんぱん☆

pgpha117c1

 

また、震災の際はいつ愛犬とはぐれてしまうか分かりません。

万が一愛犬が迷子になっても飼い主さんのもとへ戻れるよう

鑑札や迷子札を身につけさせておきましょう。

 

その他リードや首輪、ケージ(キャリーバッグ)は

すぐに持ち出せる場所に準備しておくことが大切です。

またペットシーツやトイレットペーパー、消臭剤、ビニール袋などのトイレ用具。

瓦礫など足元に危険物が多い中を歩く際怪我をしないための靴や靴下、

病気を持っている場合は常備薬をまとめておきます。

タオルや毛布は飼い主さんや愛犬のニオイのついたものを準備しておくと

知らない場所や震災で怖い思いをし、

緊張状態の愛犬の心を落ち着けやすくすることができます♪

 

 

また、避難所に行けば

様々な人と共同生活をおくることになりますね。

動物が苦手な人もたくさんいるので

周囲の人への配慮はとても大切です。

 

ワクチンや予防接種、ノミ・ダニ予防をしておくのは勿論

もし可能なら遠方での預け先を見つけておくのもオススメです。

 

どこでも愛犬が落ち着いてすごせるように

普段からのトレーニングも重要ですね。

クレートトレーニングや

ハウス、マテなどのコマンドをしっかり練習し

集団生活の中でも犬が肩身の狭い思いをしないよう準備しておきましょう。

 

 

また、震災は犬たちの心にも大きな傷を残します。

ふとした瞬間にフラッシュバックを起こし

パニックを起こしてしまう犬や

恐怖から攻撃的な行動をとるようになる犬、

臆病になり不眠症になってしまう犬など

精神的なものが原因の病気にかかる犬もいるのです。

 

そんな愛犬の心の傷を癒やすことができるのは

やはり大好きな飼い主さんだけですね。

万が一震災被害を受けた場合

その後の愛犬の様子をしっかり観察してあげてください。

 

犬も心的外傷後ストレス障害(PTSD)になることがあります。

これは死ぬ思いをした後に起こる疾患のこと。

物音に怯えるようになったり、

元気や食欲がなくなる、お腹をこわす、落ち着きがなくなる、

飼い主から離れなくなる、1人だとパニックをおこすなどなど…

これらの症状が見られたらPTSDの可能性があります。

 

怖がっているようなら優しく撫で、抱きしめて

信頼できる飼い主さんがそばにいることを伝え安心させましょう。

これは私たちにも言えること。

傷を負った私たちの心を癒してくれるのは

そばにいてくれる犬たちでもありますよね(*^^*)

 

心のケアに大切なのは「安心感」を与えること。

まちがっても吠えたりした時に叱ってはいけません。

また、症状が少し落ち着いたら

得意なコマンドをさせてたっぷり褒めるなど

愛犬に「嬉しい」という感情をたくさん出させるのも効果的なのだそうです。

愛犬とのコミュニケーションの時間をたくさんとり、

心を癒してあげてくださいね。

 

 

いかがでしょうか?

震災は色んな生き物の心に傷を残します。

お互いに支えあいながら、その傷を癒していきましょう…

そして、愛犬に万が一が起こらないためにも

ぜひ普段から「犬の防災」を意識してみてください!

 

▼ペットのための防災セット付き!ペットの非難ジャケット▼

bousai_btn

関連記事

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

高齢犬・老犬のおむつ活用法

  愛犬が歳を取り 高齢犬…老犬となってくると 排泄のトラブルが

記事を読む

IMG_2898

間違えやすい?愛犬の上手な褒め方!

  みなさんはどのように愛犬を褒めているでしょう? しつけにおいて、「

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬としゃっくり

    しゃっくりをしたことない人っていないと思います。

記事を読む

17cfd2b670fa061fc52c88843c2ba47a_s

老犬にもおススメ!ドッグマッサージの仕方

犬は気楽に過ごしているようにみえるかもしれませんが、 私たちの暮らしに合わせて生活をす

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る