*

犬にもストレスがかかってる!愛犬のストレスとは?

公開日: : 愛犬との暮らし


a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_m

 

人間社会はストレス社会だなんて言葉がありますが、

犬たちだってストレスは感じます。

どんなに私たちが愛犬のために行動しても

ストレスを0にすることは不可能です(>_<)

しかし少しでもそのストレスを減らしてあげることは

愛犬の心身的な健康のためにはとても大切なことですね。

愛犬がストレスを感じない環境づくりを目指しましょう!

 

 

まずは一体どんなことが

犬にとってのストレスとなるのか…

それに気付くこと、

そしてそれが少しでも軽くなるよう対処することが重要ですね。

 

犬にとってのストレスとは

過ごす環境が変化することや

恐怖を感じたり孤独感を感じる時間が多いこと

そして運動不足などなど…

私たちとほとんど変わりません。

 

また、私たちのようにそのストレスを

言葉にして伝えることも

愚痴などとして話して発散するという術も持ちません。

だからこそ

犬のストレスは様々な行動となって表れます。

私たちが問題行動だと思っていたことが

もしかしたら犬にとっては

ストレス発散のための行動であり

ストレスからくる愛犬からのSOSである可能性があるのです!

 

 

その犬のストレスサインは大きく4つに分けられます。

 

1つ目は怒りや攻撃性のシグナル。

つまり、唸ったり吠えたり、噛むなどの攻撃的な行動をとります。

噛むといっても、基本的に人に噛み付くというよりは

自分の足など体を噛んで傷つける「自傷行為」をしたり、

頻繁に舐め続けて赤く炎症を起こしたりする他

家具などをかじって物を壊したりする傾向が強いです。

 

2つ目は怯えるシグナル。

しっぽを股の間に挟んで隠してしまったり

物陰に隠れるなどのほか、

他人や見知らぬ人への恐怖から吠えたりする傾向にあります。

 

3つ目はおどけるシグナル。

なんだか陽気に聞こえるかもしれませんが、

駆けまわったり、地面を掘るような動作を続ける他、

自分のしっぽを追いかけて回り続けるなど、

落ち着きのない行動が見られるようになります。

 

4つ目は固まってしまうシグナル。

緊張から体が硬直してしまい、

動きが急に止まったり、

体を硬くしてじっと動かなくなったりします。

 

 

これらの行動は一見問題行動に思えるものも多く、

つい行動をやめさせようと叱ってしまうパターンも多いですが、

ストレスからくる上記の行動の場合は

叱ってしまうと余計にストレスを上げてしまい

問題行動を助長させてしまう可能性も高いです!

 

まずは何故愛犬がそのような行動をするのか。

それを追求する必要があります。

それがストレスからくるものの場合

一体何が愛犬にとってストレスとなっているのか…

それを突き止めて解消するよう努めましょう!

それによって自然と問題行動はなくなる可能性があります(*^^*)

 

愛犬にストレスがかかりにくい生活のために

ぜひ飼い主さんに気にかけてほしいのは

・栄養バランスや給餌量などが考慮された適切な食生活

・過不足ない適度な運動

・飼い主との充分なコミュニケーション

これらをぜひ意識し、定期的に見直してほしいのです。

 

一端パターン化した生活は

ずっと変化なく続けていく傾向が強いですが

犬種や年齢、個性によって

上記内容は大きく変わってくるとともに

同じ犬でも成長とともに「適切」は変化していくものです!

 

定期的に、今の生活が愛犬にとって

ストレスのかからないベストなものなのか

見直して「今の愛犬」に適切なものへと変化させてください♪

 

またコミュニケーションで大切なのは

一方的な愛情とならないこと!

たくさん構ってあげることが

犬にとって嬉しいコミュニケーションとは限りません。

構って欲しいタイプもいれば

構い過ぎがストレスになる犬もいます。

一方的なものにならないように

愛犬の性格に合わせた付き合いをしてあげることが大切ですね(*^^*)

 

 

今日ご紹介した他にも

色々なストレスサインはありますし

犬によって感じるストレスは様々です。

それを気付けるのは

いつも側で過ごしている飼い主さんだけです。

愛犬の様子、行動、生活環境…

広い視野で愛犬の暮らしを見つめ

少しでもストレスを感じない暮らしになるよう

サポートしてあげてくださいね♪♪

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

1

老犬の病気のサイン

  愛犬を観察していると 「あれ、いつもと違う?」 という違和感

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬も花粉症で苦しむの?

  花粉がつらい季節となりました。 今は杉花粉ですね(^_^;)

記事を読む

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

犬が雷を怖がる時は?

      雷を怖がる犬は実は多いです。

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

老犬とワクチン

    愛犬を様々な病気から守るため 定期的に「予防接

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

  愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。 そうなるとお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>