*

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 愛犬との暮らし


2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

 

愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。

そうなるとお休みに愛犬とドライブ!

という方も多いのではないでしょうか?

車で遠出をして、知らない場所へお出かけするのは

犬にとって社会化にもなりますし、

様々な刺激を受けることで

高齢犬や老犬にとっては

痴呆防止、いわゆるボケ防止としても効果的(*^^*)

 

そんな遠出に必須なのがドライブ…

つまり車に乗ることですね。

最初から平気な犬もいれば

車酔いをしてしまう犬

緊張から体調を崩す犬もいるので、

まずは少しずつ慣らし、様子をみましょう。

 

ドライブ前のポイントとしては

車に乗る直前にトイレを済ませること。

そして直前にごはんを与えないこと。

ごはんはお出かけの数時間前にすませるようにするか

外出先で与えるといいですね(*^^*)

消化しやすいように

すこしふやかしてあげたり

少量にしておくのがオススメです。

 

犬は鼻がきくので

車の中にニオイがこもると酔いやすくなります。

空気の入れ替えを意識してあげると良いですが

窓を開けすぎて身を乗り出すと危険なので

犬の顔が窓から出ないくらいにあけましょう。

 

 

また、こまめに休憩をとってあげるのも大切!

運転手さんも休憩が必要かと思うので

おそらく数時間に1度は休憩をとるかと思いますが、

犬と一緒にドライブをする場合は

1時間に1度くらい休憩をとり

その間に水分補給やトイレをさせるのがオススメです。

 

 

車内での犬の過ごさせ方は

できるだけリラックスさせて

自由にさせてあげたいという思いから

フリーにする方も多いですが

実はこれは犬が酔いやすくなる原因にもなり、

またいざという時に大変危険です。

 

犬は予測不可能な動きをするので

突然運転席などに飛び込んでくれば

大きな事故の原因になる可能性もあります。

そのような場合、道路交通法違反で罰せられることもあるので

犬の安全のためにも、

座席で大人しくできるよう工夫をしてください。

 

私たちよりもずっと体の小さい犬は

運転によって体にかかる衝撃も大きく

急ブレーキはもちろんのこと

カーブや発進の際も体が大きく持って行かれます。

いざという時に怪我をしないためにも

実はちゃんと座席に固定されたケージに居るほうが

安定するし安全なのです。

 

外を見せたほうが安心するようだったり

ケージトレーニングができていなく

ケージで大人しくできない場合は

犬用シートベルトなどのカーアイテムもあるので

それらを利用するのがオススメ。

なにはともあれ、犬がいざとう時に吹っ飛ばないよう

固定されている状況をちゃんと作りましょう。

 

このように万が一の事故に備える理由は

もちろん愛犬の身を守ることもありますが

どんなに気を付けても事故が起こる可能性はありますよね。

例え相手側の過失による事故だったとしても

その事故で犬が怪我などをした場合

愛犬の安全管理がしっかりできていなかったとみなされると

飼い主の管理不足として法律で守ってもらえない場合があります。

愛犬を色んな意味で守るためにも

走行中の犬の安全管理は万全にしておきましょう。

 

 

また絶対に避けて欲しいのは

どんな気温であれ

犬を車内に残して出かけないこと。

季節にかかわらず

予想外に車内が高温になったりすることもあるので

必ず愛犬と一緒に外出をしてください。

 

 

犬は車に乗ることで緊張する子が多いです。

その後にこわい思いをすれば

もちろん車嫌いになる可能性はグンと高くなります(^_^;)

ドライブで連れて行った先では

たくさん楽しい思い出をつくり

車に乗ると楽しいことが待っていると学習させましょう。

そうすることで少しずつ

車が好きでドライブが好きな犬になっていきます。

 

愛犬と一緒に出かける範囲を広めるため

そして色んな経験をさせることで

ストレスに強い犬にするためにも

ぜひ、少しずつ

愛犬とドライブの練習をしてみてくださいね(*^^*)

 

▼愛犬とのお出かけアイテムもたくさん♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

愛犬が上手に留守番できない?

愛犬との暮らしの中で お留守番は避けて通れません。 長時間お留守番をさせる必要が

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

冬の犬のしもやけにご注意を!

  寒い季節になると 悩まされる「しもやけ」… 実は犬も

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

高齢犬や老犬と一緒に歩こう♪

    どうしても目を逸らしたい問題… それは愛犬の老

記事を読む

1399294413886

静電気が犬に及ぼす悪影響!

  乾燥の季節になると フワフワ被毛の犬も セーターを着ている私

記事を読む

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

犬が蜂に刺されたら

  暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。 春になると蜂もあら

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>