*

交通事故から愛犬を守るのは??

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 愛犬との暮らし


2c78dc6d33514602258b323afe55d00c_s

 

 

犬にだって交通事故の危険はありますね。

どんなにリードに繋がれていても

はたまたドライブ中

どんなに安全運転を心がけても

事故というものは

突然大事な人を襲います…

その被害者は

愛犬である可能性は大いにありますね。

 

ただ、悲しいことに

自動車保険のうえでは

犬は「物」という扱いになります。

そのため愛犬が交通事故の被害にあった場合、

「対物賠償保険」から保証を受けることになるのだそうです。

 

これはお金の話になってしまいますが、

上記の場合の保証は

保証金として支払われるのは

原則として「犬の時価」が限度と言われています。

 

たとえば悲しいことに

交通事故によって犬が亡くなってしまった場合。

これは保険金として犬の時価が支払われます。

しかし亡くなったわけではなく、

怪我をした場合はまたかわってきて、

時価を限度とした治療費が支払われることが多いそうです。

 

しかしここからが重要。

上記が支払われるのも

「飼い主の安全管理ができていた」ということが前提!

管理が甘かったとみなされた場合は

【過失相殺】によって

最悪、賠償額は支払われないこともあるのだとか…

 

 

この「安全管理」のレベルってけっこう重要で

たとえば車内で犬を自由にさせていて

事故を起こされて怪我または亡くなった場合。

これは車内での安全管理ができていなかったとされることがあります。

 

確かに小さい体の犬たちは

急ブレーキなどで体にかかる衝撃は

私たちよりもずっと大きく

怪我をする危険性が高いです!

 

そのため犬を乗車させる場合は

ケージなどにいれることはもちろん

それをしっかりと座席に固定するというのが重要!

大きな犬でケージに入れるのが難しかったり

どうしてもケージに入れられない理由があるなら

今は犬用シートベルトなども販売されているので

それを利用するのがオススメです。

 

 

また最近はペット保険も充実してきましたね。

実際に犬が乗車していた際に起きた事故で

犬が要介護になってしまった例があるそうです。

この時、通常なら時価が限度である賠償額も

時価以上の治療費と慰謝料が認められたと言われています!

 

このように、

通常の自動車保険よりも

ペット保険にしっかり加入することで

いざという時に

犬を守る力がよりアップするのですね!

今は犬が「物」ではなく「家族」のように

人により近い存在として対応されるケースも増えています。

 

ただ、実際にしっかり安全管理ができていないと

過失相殺が行われてしまうのは同じなので

愛犬の命が危険にさらされないためにも、

いざという時に愛犬が傷つかないためにも

愛犬を守ろうという気持ちを行動にしっかり移し

安全対策を万全にしてあげてくださいね!

 

抱きかかえているから安全♪

…というのは実は言い切れません(´;ω;`)

犬はパニックを起こしたり驚いたりした際に

時に思いもよらない力を出しますし

いざというときの衝撃で

「飛び出し」てしまう危険は大いにあります。

 

そのため、犬を固定するためには

やはりクレートやケージを用意し

それをしっかりと車の座席に固定すること。

もしくは専用のシートベルトを利用して

愛犬の体を固定できるような対策をしてあげてくださいね。

 

▼愛犬とのドライブの準備にもぜひ♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

高齢の中・大型犬が長生きするポイント♪

  昨日は「小型犬が長生きするポイント」をご紹介したので 今日は中・大

記事を読む

b3269f89d9a4310d911e22f198c510ce_m

犬と海へお出かけの注意点!

      暑くなってきて 夏なので海

記事を読む

3267805469_b8442b96ba_o

愛犬の上手な写真の撮り方

  愛犬の写真はどんどん増えていきますね。 可愛い愛犬はついつい沢山撮

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

DSC_0048

ダニは愛犬の命にかかわる?

    暖かくなってきました。 すると活発になる虫・・

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

高齢犬が咳をするのは何のサイン?

  人間と同じく犬も咳をします。 それは気道に入った異物や菌を外へ出そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>