*

老犬のブラッシングと注意点


17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

 

 

 

愛犬のシャンプーグルーミング

愛犬を清潔に保つことはもちろんですが、

グルーミングによるマッサージ効果

血行促進代謝促進など

健康にも良いことがたくさんあります♪

 

 

 

加えて、

全身をブラッシングすることで

全身のチェックも同時に行うことができ、

何等かの異変に気付きやすくなるのです!

 

 

 

また、飼い主さんとのスキンシップの一環にもなり、

愛犬の全身を触れること

触っても愛犬が嫌がらないことは

信頼関係の証明ともいえますね!

つまりは飼い主さんとのコミュニケーションとしても

グルーミングは大切なのです!

 

 

 

湿度の高い季節だと

シャンプーをする機会は増えますね。

しかし老犬にとってシャンプーは

体力を消耗する作業となります・・・

しかし!

体の汚れやすいこの季節、

そして体を汚しやすい老犬にとって

シャンプーは必須ですよね。

 

 

 

そのため、老犬に負担をかけない工夫をすることが大切!

 

 

 

そのために重要なのは

シャンプーは短時間で終わらせること。

そのためにも

毎日のブラッシングがとても大切な役割を果たすのです!

 

 

 

▼短時間でシャンプーをしよう!愛犬のお家シャンプーの仕方♪▼

Screenshot_1

 

 

 

 

シャンプー前にブラッシングをしっかりすることで

被毛の絡まりがほどけ

汚れを浮かすことができます。

こうすることでシャンプーの際に

汚れを洗い落としやすくなり、

また被毛が乾きやすくなります!

これがシャンプーの時短に繋がるのです♪

 

 

 

特にシャンプー前日のブラッシングは念入りに♪

当日にブラッシングを念入りにすると

その分犬にかかる負担も大きくなりますよね?

なので前日と二日にわけることで

老犬にかかる負担を減らすことができるのです!

 

 

 

ブラッシングの方法としては、

まずは被毛をブラシでとかしましょう!

長毛犬種の場合はスリッカーが便利ですし

短毛犬種や老犬の場合は

皮膚が傷付きやすいのでピンブラシがオススメです。

 

 

▼長毛犬種にオススメのスリッカーブラシ▼

pgpca103c1

 

 

 

▼肌を傷付けにくいピンブラシ▼

pgpca110c1

 

 

 

▼短毛犬種の抜け毛対策にオススメのラバーブラシ▼

pgpca108c1

 

 

 

 

 

毛玉がある場合

無理に引っ張ろうとしないこと。

また、つい力を入れてブラシしがちですが

特に老犬など被毛が薄く弱くなっている犬の場合

それだと皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

あくまで優しく丁寧に。

皮膚を擦るのではなく、被毛をとかしましょう。

 

 

 

実は背中だけ炎症が起きて病院にくる老犬も多いです。

これは飼い主がブラッシングの際に

ブラシしやすい背中の部分を

強めにブラッシングしてしまったため

ブラシの先端が皮膚を傷つけ

それが炎症してしまうことが多いのです。

老犬のブラッシングには気を付けてあげましょう!

 

 

 

もつれが引っかかる場合は

コームを使用し、

毛の根元を押さえて皮膚をひっぱらないように注意しながら

優しく解きほぐしてあげましょう。

耳の付け根ワキなどは

被毛が絡まりやすいですし

ブラシでは梳きにくいため、

コームでとかしてあげるとやりやすいです。

 

 

 

▼毛のもつれ対策に便利なコーム▼

pgpca128c1

 

 

 

 

毛玉がひどくコームでの処理が難しい場合は

プロのトリマーさんにお任せするのがオススメです。

 

 

 

また、ブラッシングの際は

グルーミングスプレーなどを利用すると

絡まった毛も梳きやすく

また、被毛もコーティングできるので

愛犬の皮膚被毛にも優しいです♪

それは女性が髪をケアする際に

トリートメントなどを使用するのと同じですね(^▽^)/

 

 

 

特に乾燥の季節になると

犬の皮膚被毛も乾燥しがちなので

保湿をしながらのブラッシング

皮膚被毛を守るだけでなく

皮膚の免疫力のアップのためにもオススメです。

 

 

 

▼獣医師監修!乾燥の季節におすすめの保湿スプレー▼

pgpha111c1

 

 

 

▼天然成分だから安心のグルーミングスプレー▼

0000000010752

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬の被毛を美しく保つため

清潔な皮膚被毛でいるため

健康でいるため

そして

飼い主さんとの絆を深めるためにも

ぜひ毎日のブラッシングを意識してみてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました♪

 

 

☆☆ペットベリーの豊富なブラッシングアイテム一覧☆☆

↑こちらから↑

 

 

 

 

▼愛犬のケアアイテムも充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

 

関連記事

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

36fddf38d381fa387a41a00ab506446e_s

怖くない!愛犬の爪切り

  犬も生き物なので もちろん爪はのびます。  

記事を読む

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

高齢犬と白内障

  高齢犬になると多く見られる症状の1つに 「目が白っぽくにごる」とい

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の避妊手術と去勢手術

  犬を飼っていると悩むのが 子供を産ませるかどうか そして去勢

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻は濡れているのがいいの?

  犬の鼻は湿っていることが多いですが、 人の鼻は湿っていませんね(笑

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

「愛犬が風邪っぽい」は要注意?

  愛犬が咳やくしゃみをしたり鼻水がでたり… そんな症状が出て

記事を読む

f5f2a10fc67ba9491f19fb703935611e_s

愛犬が長生きするための食事とは?

    私たちの体は食べたものでできている…

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

57beb2d0d418446cefc787768c78ce18_s

犬にインフルエンザはうつるの?

例年のごとく、 人間界ではインフルエンザが流行りますね。 しかし人間だけでなく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>