*

老犬の床ずれとは?

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 老犬介護


3041661343_a179411fa8_o

 

愛犬も高齢化の現在

寿命が伸びているのはとても嬉しいことですね(*^^*)

一方で

愛犬に介護が必要となる家庭も増えてきました

 

 

老犬になると寝ている時間が増えますね

多くの場合は足腰が弱くなるなどから

立てなくなり寝たきりになってしまう傾向にあります。

 

そんな老犬介護で気をつけたい症状の1つが

愛犬の床ずれです!

 

 

意外と盲点であり、

しかしなってしまうととてもやっかいなのが

この老犬の床ずれなのです…(_ _;)

 

 

床ずれって

「地面にすれてできてしまった傷」

…くらいに思われがちなのですが

実はそんなに単純なものではなく

けっこう深刻な症状なんです。

 

寝たきりになってしまうと

老犬は寝返りも自分ではなかなかうてないので

長時間同じ姿勢になってしまいやすくなります。

 

すると地面と接している部分に体重がかかり

そこが圧迫されてしまうため

皮膚や皮下組織…そして筋肉までもが壊死してしまう!

…これが老犬に起こりやすい床ずれの正体なのです(>_<)

 

 

床ずれは症状が悪化すると骨が見えてしまうこともあります…

また、床ずれは再発しやすい病気なのでとてもやっかい!

なってしまったらすぐに獣医さんに診てもらって

悪化するのを防ぎましょう!

その際ご家庭でのケアも相談してみてくださいね。

 

 

老犬の床ずれの症状は

まず皮膚が赤くなり、痒みや痛みなどの症状が出ます。

これだけでは「皮膚炎かな?」と思いがちですが

そのうち水ぶくれみたいなものができ、

これが破れて傷となってしまうのです…

悪化すると皮下組織や筋肉などにも炎症が進んで壊死し、

穴があいたような傷になってしまうのです(>_<)

 

傷口はジュクジュク湿っているので、

細菌などに感染しやすくなります!

これが原因で命が危険にさらされる場合もあるので

老犬の床ずれは本当にやっかいなのです…

 

加齢や病気で愛犬が寝たきりになってしまった場合は

床ずれにならないよう細心の注意をはらってくださいね!

 

 

老犬の床ずれが起こりやすいのは

地面と接触して圧迫されやすい部分である

頬骨や肩、膝、骨盤、足関節など

これらのように骨が出っ張っている部分です!

さらに体重が重いほど圧迫されやすいので

中型犬や大型犬は特に気を付けてください。

 

老犬介護の床ずれ予防は

まず寝床…つまりベッドなどを柔らかい素材にするのがポイント!

介護用マットや低反発素材のベッドがオススメです♪

 

また寝床が滑りにくい素材だと

身体を動かした際に皮膚が擦れやすいので

すべりの良いカバーをかけてあげるとより良いです(*^^*)

 

そして大切なのが寝返り!

身体の圧迫を防ぐためにも

寝返りをうたせてあげることで

こまめに体位を変えてあげましょう♪

 

老犬の寝返りサポートの仕方は、

まず愛犬の肩の下に手を差し入れて

もう一方で両足をもって

フセをする感じに体を起こしてあげます

続いて体を支えながら

ゆっくりと反対向きに体を反して寝かせてあげましょう。

 

足を持って仰向けになる状態から

ゴロンと反すやりかたの方が簡単に思えますが、

これだと内蔵に負担がかかったり胃捻転を起こしやすいそうなので

まずはフセになるよう体を起こす姿勢にするのが大切です。

 

愛犬がある程度体制をキープできる状態の場合は

体の横に大きめのクッションや

布団などをまるめたものをを置いて壁を作り

上体を起こしてこれにもたれかからせるようにしてあげることで

血行を良くする効果が期待できます♪

 

体が圧迫されるのを防ぐためにも

マッサージをして血行を良くするのも効果的です(*^^*)

 

皮膚が赤くなって床ずれになりそうな場合は

その部位にクッションやタオルを差し込んで

その場所を地面から浮かして床と接触しないようにしましょう。

 

▼床ずれ予防クッション▼

pgpta132c1 pgpta133c1pgpta134c1

 

▼足関節の床ずれ予防サポーター▼

pgpta129c1pgpta130c1pgpta131c1

 

 

いかがでしょうか?

意外と寝たきりになっていまうと

床ずれになってしまうと知らない方も多いので

ぜひいつかのために

知識として知っておいてくださいね!

老犬の床ずれは想像以上に怖い病気です…

気をつけてあげてください(>_<)

 

▼床ずれ予防アイテムなど、老犬介護用品も扱う通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

P1000171

老犬介護の仕方~食事の介護~

  老犬になると 食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。 その

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬介護の仕方~トイレの介護~

  老犬になると様々な原因から トイレの介護が必要になるケースもありま

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

老犬介護の仕方

  ペットの医学も発達し、 特に犬の平均寿命はのびています。 ペ

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

高齢犬や老犬と一緒に歩こう♪

    どうしても目を逸らしたい問題… それは愛犬の老

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

実は重要!高齢犬・老犬の食事姿勢!

    幼いころ 親に食べる際の姿勢について 色

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る