*

愛犬が長生きするための食事とは?

公開日: : 犬の食事, 老犬介護


Screenshot_2

f5f2a10fc67ba9491f19fb703935611e_s

 

 

私たちの体は食べたものでできている…

みたいな話を聞いたことありますが

それはきっと犬も同じですね。

健康な体をつくるには

やはり食も意識する必要があるかと思います。

 

…しかし、

その健康な体を作るための食事って

実際にはどんなもの?

そう悩まれる飼い主さんも多いと思います。

 

私たちに近い存在で

家族同然である愛犬ですが

どうがんばったって種族は違いますので

必要な栄養素も

そして逆に

体に悪い食べ物も違います。

 

愛犬に長生きしてもらって

健康な高齢犬・老犬でいてもらうために

ぜひ犬にとって良い食生活を意識したいですね!

 

 

まず大事なのは

栄養云々の前に根本的に

保存方法を見直すこと!

どんなに良い栄養や品質のフードも

保存方法が間違っていれば

それは犬の体に悪影響を与えるフードになってしまいます。

 

なぜならフードは空気に触れると

酸化してしまうから!

この酸化というのは味が悪くなるのはもちろん、

品質が悪くなり犬の健康に害を及ぼします。

 

酸化を完璧に防ぐのは難しいです。

フードの封を開封した瞬間から

フードは空気に触れて酸化が始まります。

 

そのため新鮮な状態を保つためにも

フードはなるべく小分けになっていて

開けたら1ヶ月ほどで食べきれる量を購入するのがオススメ。

大袋を開けて数ヶ月かけて食べていると

その時間ずっと酸化は進んでしまいます(^_^;)

 

また、出来る限り酸化を防ぐため、

そして湿気からフードを守るためにも

密閉できる袋や容器に移し替えて

直射日光の当たらない涼しい場所で保管するのがベストです!

 

絶対避けて欲しいのが

少食な犬の場合

食べ残し多分を食べるまでずっと放置したり

残した分を後でまた与えること!

フードが劣化してお腹を壊す原因にもなるので

食べ残したら勿体無くても

すぐに処分してしまってください。

 

 

保存性に優れたパッケージで、中身がすでに小分けに!

鮮度を保つ工夫がされたプレミアムフード「プロプラン」はこちら

Screenshot_1

 

 

次にフードの硬さですが

高齢犬や老犬になると

どうしても「柔らかいのが良い」

という考えになりますよね。

 

確かに噛む力が弱くなってくるため

固いフードだと食べにくくて食欲が落ちてしまう犬もいます。

そんな場合はお湯でふやかして与えたり

ウェットタイプのフードを与えるのがオススメです♪

 

ただ、歯にトラブルがなく

噛む力が残っている高齢犬や老犬の場合は

できるだけドライフードを与えてあげるのがオススメ。

実は噛むという動作は健康にはとてもよく

また歯垢が溜まりにくいため歯周病になりにくくなります。

粒も大きめの方が犬が噛む回数が増えるので

より効果が期待できるそうです(*^^*)

ただし、大粒だと喉に詰まる危険性もあるので

飲み込む力が弱くなっている場合は

食べやすい大きさのフードを選んであげましょう。

 

 

フードの選び方としては

まず原材料…なにが使われているのかが気になるところですね。

「犬の健康に良いフードは何ですか?」

という質問もよく受けますが

じつは「これが絶対にいい!」というフードはありません。

愛犬のどこに注目したいかで

オススメのフードは変わってきますし

もちろん犬によって

フードの合う合わないがあるからです。

 

もちろんアレルギーがある犬は

その原材料のフードは避けるべきですが

特になければフードはローテーションするのも良いと言われています。

同じ主原料のものを食べ続けていると

それがアレルギーになることが多いといわれているので

様々な主原料のフードを

何ヶ月かごとにローテーションさえると

アレルギーになりにくくなるそうです。

 

また、様々なフードをローテーションで与えていると

いつかシニア用フードに切り替える際や

療法食を与える際に

犬がスムーズに切り替えて食べてくれやすくなります(*^^*)

 

また、震災などがあった際は

犬にいつものフードを与えられるとは限りませんね。

そんな時にどんなフードでも食べてくれて

体が適応しやすくなるためオススメ、とも言われています。

 

フードをローテーションさせる場合は

急に別のフードを与えるのではなく、

今まで食べていたものに新しいフードを少しずつ混ぜて

その割合を1週間ほどかけて徐々に変えてあげましょう!

 

皮膚被毛の健康で有名なフード「アボダームの

ローテーション用のドッグフード「リボルビング」

avo_revol

 

 

そして食事と同時に

しっかり水分補給をすることも重要です。

水を飲むって当たり前のことのようなので

ついつい意識が向きませんよね。

 

しかし水をしっかり飲むというこの基本的なことは

犬の健康のためにはとても重要なこと!

水もフードと同じくなくなるまで置きっぱなしにしないで

こまめに新鮮なお水にかえてあげましょう。

 

私たちは意識的に水を飲みますが

犬は気分が乗らなければ自ら飲もうとしません。

寒い季節はあまり喉がかわきませんよね?

そのため水分補給量が激減する犬も多く、

高齢犬や老犬は運動量も少ないためその傾向が高いのです。

給水器の水の減り方をチェックするなどして

愛犬がキチンと水を飲んでるかしっかり把握してあげましょう!

 

飲んでないなと感じたら

野菜の煮汁などすこし味をつけてみたり

またフードをウェットタイプにするか

お湯でふやかすなどして水分をプラスするほか、

犬用ミルクなどを利用して

栄養補給と一緒に水分補給をするのもオススメですよ(*^^*)

 

▼栄養満点!水分補給にもオススメの犬用ミルクはこちら▼

dsnda101c1

 

 

いかがでしょうか?

愛犬が健康な食生活をおくるため

ぜひ上記のことを意識してみてください♪

 

▼まだまだ色んな商品があります!ペットベリーへはこちらから▼

ペットベリー本店

関連記事

6

老犬とDHA・EPA

  DHAやEPAってよく耳にすると思います♪ 健康に良いイメージはあ

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

実は重要!高齢犬・老犬の食事姿勢!

    幼いころ 親に食べる際の姿勢について 色

記事を読む

DSC_0473

犬に海苔はあげてもいい?

  本日2月6日は海苔の日だそうです。 海藻は毛艶にいいとも言いますし

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

老犬が痙攣を起こした際の対処法

  前回は老犬が痙攣を起こす原因についてご紹介しました。 そこで今回は

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

犬の肥満とダイエット!

  肥満になると 人間でも健康診断で注意を受けますね(^_^;)

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

高齢犬の食事で注意すること

    高齢犬は寝ている時間が増え また運動量が減る傾

記事を読む

5f3293700f6375546357da1c4d9cb4f4_s

老犬と酵素の意外な関係!

  世間で注目されている【酵素】! これは犬にも必要なものだと

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬に良いお手入れ術!

  愛犬のケアって日常的なものですが 高齢犬になると ケ

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬の床ずれとは?

  愛犬も高齢化の現在 寿命が伸びているのはとても嬉しいことですね(*

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>