*

犬と酵素の関係の落とし穴!

公開日: : 犬の食事, 老犬介護


Screenshot_2

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

 

健康に良いとかダイエットに良いとか

何かと騒がれている「酵素」ですが、

犬の食事にも酵素は注目されていますね。

 

体にいいとはいっても

皆さんそもそも「酵素」が何かご存知ですか?

体に良いと聞いて摂取していたり

愛犬に与えている方も多いのでは?笑

 

今日はまず「酵素」についてご説明!

これは栄養分解に必要な「カギ」のようなものです(*^^*)

そもそも摂取した栄養を

エネルギーとして使ったり

体内に貯蓄するためには

その栄養を分解する必要があります。

栄養はそのままの形では使えないのですね!

まずは分解をして体内へ吸収しなくてはなりません。

そこで分解に使われるカギとなるのが「酵素」というわけです♪

 

つまり大前提として

生き物の体の活動には「酵素」が必ず関わっているということ!

今はサプリメントのように食事で酵素を摂取できてしまうので

酵素は栄養素の1つと思われがちですが、

酵素は栄養素ではなく、

体内で作られているタンパク質の一種なのです。

 

私たち、そして犬たちは

体を維持するために体内では消化や吸収、循環という活動を行い

そして見たり聞いたり、そして動作をするといった行動

それに関わる神経の働き…そのすべてが

様々な分解…つまり化学反応によって行われているのです(*^^*)

この反応を起こすための道具、「カギ」となるのが「酵素」というわけです!

 

ここまで説明すると

生きるという活動のために酵素が必要不可欠なのがわかりますね。

しかし酵素と一口に言っても、

実はその種類は1つではありません。

1つのカギですべての扉が開かないように

実はそれぞれの酵素には決まった役割があるため

その種類は数万種類に及ぶと言われています!

 

その中で食べたものを消化し、

吸収するのに使われるのを「消化酵素」と言います。

これは食べたものが体に吸収されやすいよう細かく分解している酵素です。

ただし、1つの酵素ですべての栄養素を分解できるわけではありません(^_^;)

栄養素の種類、そして消化器官によって

消化酵素にも色んな種類があるのです。

 

また分解されて吸収された栄養素は

体内で色んな形へと変わり、働きます。

エネルギーを作るのに関わる「代謝」にも酵素が関わり

これを「代謝酵素」と言います。

つまりこれにも様々な種類があるわけです(笑)

 

 

さて、ここまで説明すると

酵素がいかに大切なものであるか伝わったかと思います!

しかしここまで読むと

別に摂取しなくても体内に備わってるのでは?

と思いますよね。

 

残念なことに体内に備わる酵素は

年齢とともに減っていってしまうと言われており

これを増やすことはできないと言われています。

また、ストレスや運動不足でも酵素は減ってしまうそうです!

 

そのため高齢犬や老犬は

体内に備わっている酵素が減っていってしまうため

消化吸収能力が低下しやすいのです(>_<)

すると腸内環境のバランスが崩れてしまい

悪玉菌などが増え、毒素が発生しやすくなります。

これが犬の免疫力の低下にも繋がってしまい

様々な病気へと繋がってしまう恐れがあるのです!

 

そこで体内で減ってしまった酵素を補うために

消化酵素を摂取することで補ってあげる必要があるのですね(*^^*)

 

ただしここで知っておいていただきたいのが

酵素が活動できる環境があるということ!

酵素はもともと体内で活動するものなので

体温であるおよそ37℃以上が元気に活動できる温度なのです。

 

また、酵素は温度が高いほど活発になるとされていて

体温が高いほど代謝が活発になります。

病気の際に熱が出るのは

体温を上げる事で酵素を活性化し

ウィルスなどを撃退しているわけです(*^^*)

 

…ただ、高ければ高いほど良いのかというと

実はおよそ42℃を超えた高温だと

酵素の働きに障害が起きると言われています。

そのため、酵素は高温すぎてもダメなのです!

 

つまり、食事で酵素を摂取するばあい

その調理法には注意が必要!

なぜなら加熱調理をすると酵素が死滅しやすいのです…

ドッグフードはもちろん高温で調理されているので

ドッグフードのみの食事では

酵素は補いにくいと言われています。

手作り食にしている場合も

もちろん加熱調理をしている場合が多いので

意識しなければ酵素不足になりやすくなっていまいますね。

 

酵素が多い食品としては

生の肉や魚、野菜、果物

そして納豆などの発酵食品が挙げられます。

これらを上手に取り入れることで

酵素を食事でサポートすることができます(*^^*)

 

ただし酵素があるからといって

上記の食材をやみくもにあげるのはもちろんNG!

生野菜は与えすぎればお腹をこわす原因にもなりますし

果物は糖分が高いものが多いため

与え過ぎは肥満の原因にもなります。

生の肉や魚を与える場合は鮮度は重要!

品質などに気をつける必要がありますね。

もちろん私たちが食べれるからといって

犬にとっては毒となる危険食材もあるので

そのあたりもしっかり把握必要があることをお忘れなく!

例え犬にとってNGではない食材でも

犬によってはアレルギーや体質でNGの場合もあるので

愛犬の様子をしっかり観察し

慎重に取り入れてあげてください。

 

上記の管理が難しい場合は

サプリメントなどを利用するのも一つの手です。

カロリーオーバーの心配も少なくなりますし

調理の必要がないのでお手軽ですね。

愛犬に補いたい酵素のサプリメントを選んで利用してみてください(*^^*)

 

▼フードに含まれない「酵素」を手軽にプラス♪▼

pgtra154c1

 

 

犬の健康のために酵素はぜひ取り入れたいですね!

とはいえ、上記内容って人間にも当てはまるので

飼い主さん、そして愛犬の両方で参考にしてみてください笑

 

▼その他さまざまなサプリも充実☆ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

DSC_0542 (2)

愛犬の手作りごはんの作り方

  先日、犬に食べさせてはいけないものをご紹介して、 その際手作りは難

記事を読む

5f3293700f6375546357da1c4d9cb4f4_s

老犬と酵素の意外な関係!

  世間で注目されている【酵素】! これは犬にも必要なものだと

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

DSC_0473

犬に海苔はあげてもいい?

  本日2月6日は海苔の日だそうです。 海藻は毛艶にいいとも言いますし

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

P1000272

愛犬が食べない時は?

  犬種によっては 「食いしん坊で困る…」という 今回のタイトル

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

老犬のオムツ活用術

  老犬のお悩みで多いのは排泄問題ですね。 高齢になって歩行が困難にな

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬介護の仕方~トイレの介護~

  老犬になると様々な原因から トイレの介護が必要になるケースもありま

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

実は重要!高齢犬・老犬の食事姿勢!

    幼いころ 親に食べる際の姿勢について 色

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>