*

老犬ホームってなに?

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 愛犬との暮らし, 老犬介護


 

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

ペットの獣医学が発達することで

犬も長寿化しており

平均寿命はおよそ15歳と長生きの傾向にあります。

 

 

大切な家族の一員である犬が長生きしてくれるのは

嬉しいという気持ちはもちろんありますが、

一方で老犬介護に悩む飼い主さんが増えている現状もあります。

 

 

ずっとずっと、変わらずに歳を重ねていければいいのですが

歳をとることで徐々に筋力が低下し、

足腰が弱くなり、さまざまな身体的機能が低下していきます。

それゆえに老犬が寝たきりになってしまう場合もあります。

 

 

その場合は排泄の介護、食事の介護が必要となったり、

犬も痴呆の症状がみられる場合は、

夜鳴きや徘徊などの問題を抱える飼い主さんもいらっしゃいます。

 

 

このように、老犬になることで

今まで犬自身ができていた様々なことに

補助が必要となってくる場合があります。

 

 

それは人も、犬も、同じなんですね。

 

 

人にも、現在介護問題があるように

犬でも、介護問題に悩む飼い主さんは増えています。

介護が必要となった犬は

寝たきりになれば

寝返りや排泄も自分ではできないため、

つきっきりで世話が必要な場合も多いです。

 

 

すると、飼い主さんも1日中愛犬のそばについていなくてはなりません。

そのため離職をしなければならなくなったり

飼い主さんの時間が大きく制限されることもあります。

 

 

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

 

また、飼い主さんが高齢であった場合、

犬が大型犬であると

介護をする際に支えきれないなど

身体的に介護が難しい場合もあります。

人でいう老々介護の問題に

高齢の飼い主と老犬も悩まされているということなのです。

 

 

どんなに愛犬を大切に思っていても

どんなに大好きで家族のように思っていても

実質介護が難しい、つらい、大変・・・

そんな風に介護にマイナスの感情を抱いてしまう自分に

自己嫌悪を抱く飼い主さんも少なくありません。

 

 

そんな悩みを抱える飼い主と老犬の

一つの選択肢として最近注目されているのが

【老犬ホーム】です

 

 

 

これは飼い主さん自身が体力的に介護が困難であったり

その他様々な諸事情により

老犬のお世話が困難となってしまった飼い主さんから

老犬を預かって介護をしてくれる施設のことです。

預かる期間は短期であったり長期であったり様々です。

 

 

 

老犬ホームがしてくれることは

その施設により規模もかわってくるため様々です。

 

老犬といえ歩行が可能であれば

お散歩などもしてくれますし、

ドッグランが併設されている老犬ホームもあります。

 

寝たきりの老犬の場合は

排泄や食事まで、専門のスタッフがサポートしてお世話をしてくれます。

動物病院と連携している施設も多いため

病気やケガなどで悩む犬も対応してくれます。

 

 

06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

 

「老犬介護が必要になったから施設へ預ける」

これは「愛犬を捨てる」行為なのではないか・・・?

そう悩まれる飼い主さんや

周囲の意見があったりもします。

しかし、あくまで「捨てる」のではなく

「預ける」ことで介護のプロに世話を代行してもらう

・・・そういう認識が、今後大切なのかもしれません。

 

 

 

もちろん老犬ホームに預けるには費用がかかります。

その費用は預ける期間や犬の大きさによって変わります。

また施設の設備の充実度などからもかわってくるため、

月に数万~十数万まで、様々です。

 

 

 

決して安くない金額ですし

やはり「飼育が困難だから預ける」という心理的な壁もありますが、

老犬介護で疲弊し、不慣れな介護で世話をしているよりも

愛犬が老犬ホームで適格な介護を受け、

のびのびと暮らしていることで

飼い主さんは身体的にも精神的にも楽になり、

「よかった」と感じる飼い主さんも多いそうです。

 

 

 

大切な愛犬を預けるからこそ

老犬ホームを選択する場合は

その施設は飼い主さんが自ら訪れ

その目で確かめるのが重要です。

「ここなら大丈夫!」と納得するまで

責任者ととことん話し、確認をしましょう!

 

 

 

今回ご紹介した老犬ホームは

老犬介護の選択肢の一つです。

大切な大切な愛犬

できることなら最後まで一緒に・・・

そう思うのは当たり前のことですが、

それでもやむを得ない場合は存在します。

飼い主さん、そして老犬お互いのためを考えたとき

老犬ホームを検討してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

ペットベリー本店

関連記事

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

dsc_0155

台風と犬、何か影響はあるの?

      最近、台風が多いですね(^^;

記事を読む

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

  暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」 犬たちは毛皮を年中ま

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬介護の仕方~寝たきりの床ずれ予防~

  老犬になり筋力が低下していくと 最悪、自分で立つことができなくなり

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

高齢の中・大型犬が長生きするポイント♪

  昨日は「小型犬が長生きするポイント」をご紹介したので 今日は中・大

記事を読む

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

犬に扇風機は暑さ対策になる?

    暑くなってくると 活躍するのが冷房機器ですね。

記事を読む

DSC_0581

老犬のQOLとは?

  QOLって耳にしたことはありますか?? これは老犬はもちろんのこと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る