*

老犬が下痢になったときの対処法

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 犬の病気, 老犬介護


inu24

 

老犬が下痢になりやすい原因は

前回の記事にてご紹介しました。

 

今回は愛犬が下痢になってしまった際

どのような対処をすればいいのかをご紹介します!

 

 

まず、老犬が突然下痢をしてしまった場合、

前回の記事でお話ししたように

老犬の下痢の原因はウィルスや細菌が原因ではない場合も多いです。

しかし、それでも病気の可能性がないわけではないため、

まずは獣医さんに診てもらうのをオススメします。

 

 

老犬に限らずですが

犬が下痢になった際に気を付けたいのが

しっかりと水分補給をさせることです。

下痢をすることで体内の水分が失われやすく、

老犬は下痢が数日続くと脱水症状を起こす危険性があります。

 

お腹をこわしているんだから、

水分を与えると余計に水っぽい便になるのでは?

と考えがちですが、それは逆!

下痢で水分が出てしまった分補給が大事なのです。

 

この場合の水分補給は夏の脱水症状と同じく

ただのお水を与えるだけでは電解質不足になりやすいため、

経口補水液を与えてあげるのがおすすめ。

運動して水分を失った体に

水ではなくスポーツドリンクが良いのと同じことですね。

 

 

▼わんちゃんようの経口補水液▼

0000000014552

 

 

愛犬が下痢をしている場合

その原因が「食べ過ぎ」もしくは「ストレス」の場合

胃腸が弱ったために下痢を起こしてしまっていることが多いので

半日~1日ご飯を抜いて

胃腸を休めてあげると治ることが多いです。

この場合も、水分は必ず補給させてあげてくださいね。

 

 

絶食をさせた後は

急にもとの食事量に戻すのではなく、

最初は消化に良い食事を少量

徐々に通常の量にもどしていきましょう。

ドッグフードを与えている場合は

お湯でふやかしてあげることで

消化吸収を良くすることができます。

 

 

また、老犬の場合は

腸内環境が悪くなっている場合があり

また下痢によって腸内を健康に保つ菌まで排出してしまい

余計に下痢が悪化することもあります。

そのため、整腸効果のある

犬用のサプリメントなどを利用してあげるのもオススメです。

 

 

上記の対処法を挙げましたが

老犬が下痢になってしまい

上記の対応などで様子をみても改善されない場合は

すぐに獣医師に相談してくださいね。

 

 

ペットベリー本店

関連記事

1 (2)

犬も夏バテ!その症状と解消法

      犬は体温を下げるのが苦手なので

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬のアレルギー~食物アレルギー~

  人間でも問題になるアレルギー アレルギーというのは免疫反応が過剰に

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

老犬ホームってなに?

  ペットの獣医学が発達することで 犬も長寿化しており 平均寿命

記事を読む

5f3293700f6375546357da1c4d9cb4f4_s

老犬と酵素の意外な関係!

  世間で注目されている【酵素】! これは犬にも必要なものだと

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

短頭犬種が気をつけること!

    パグちゃんやフレンチブルドッグちゃんなど ファ

記事を読む

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬介護の仕方~トイレの介護~

  老犬になると様々な原因から トイレの介護が必要になるケースもありま

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>