*

老犬介護の仕方~食事の介護~

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の食事, 老犬介護


P1000171

 

老犬になると

食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。

その際に気にしたいのは栄養バランスですね。

食欲が低下してきても

運動量も減っているなら

実はバランス的に問題がない場合もあります。

 

 

食べる量が少し減ってきたなと感じても

体重が落ちていないようでしたら

そこまで気にすることはありません。

しかし、体重が大きく変わるようなら

それは栄養バランスが悪くなっている

病気にかかっている可能性もあるので

獣医師に診てもらいましょう。

 

 

老犬の食事介護が必要になるのは、

足腰が弱くなり立ってごはんが食べにくくなったり

もしくは寝たきりとなって

自分でご飯を食べられなくなる場合があります。

その他、噛む力がなくなったりしても

自分で食事を細かくして飲み込めなくなるので

介護が必要になります。

 

 

 

足腰が弱くなったものの

まだ自力で立てる犬の場合は、

食事の姿勢に気を付けてあげるのがおすすめ。

地面に食器を置いたままで食事をすると

首を地面までめいっぱい下げなくてはならず、

その姿勢が足腰や関節にさらに負担をかけてしまいます。

 

食事台を利用して食器の高さを犬の口元付近まで上げてあげることで

ごはんが食べやすく

また、食事の姿勢が楽になります。

老犬になったら食事の姿勢も意識してみてくださいね。

 

▼高さを調節できる食事台「ウッディーダイニング」▼

pghya100c1

 

 

 

寝たきりの老犬の食事介護の場合

飼い主さんがご飯を口元まで運んで食べさせてあげる必要があります。

 

実は犬は、横向きに寝た状態で飲食をする

誤飲の原因となる危険性があります。

必ず伏せの状態になり

顔を起こした状態で飲食をする必要があるので、

犬の顔を起こした状態に支えながら

ご飯をたべさせてあげましょう。

 

小型犬はともかく、

中~大型犬になると、

なかなか頭を固定しながらご飯を与えるのは難しいですね。

その場合は伏せの状態にした後

胸の下にクッションやタオルを詰めて

体制を固定してあげるのがおすすめです。

 

▼獣医師による寝たきりの犬の食事のさせかた(ページ中盤に動画があります)▼

Screenshot_3

 

 

▼動画で使用している、食事補助クッション▼

0000000018342

獣医師監修で開発された食事補助クッション!

胸の下につめて固定しやすい形状になっており、

中材を調整することで硬さや高さも調整できる優れもの!

外カバーは撥水生地になっているので便利です♪

 

 

噛む力や飲み込む力が衰えた老犬の場合

食べさせる食事を工夫する必要があります。

犬が食べやすく、飲み込みやすいように、

できるだけご飯を柔らかくしたり、

流動食にしてあげましょう。

 

市販のウェットフード

手作りごはんで柔らかいご飯を作ってあげるのもおすすめですが

ドライフードも

すりつぶしてお湯でふやかしてあげることで

簡易流動食を作ることができます。

 

▼食べやすいウェットフード▼

0000000005402

 

 

スプーンなどで口元へ運んであげれば食べれるようなら

上記のごはんをそのまま与えればOKですが、

それも難しいようなら

シリンジ(注射器のようなもの)などに流動食をいれて

口の中に流し込んであげる必要があります。

 

与え方は、犬歯の横にある隙間にシリンジをさしこみ

少しずつ流しいれて与えます。

この時も、頭がしっかり起きた状態になるように固定を意識してください。

 

シリンジなどで飼い主さんが食べさせる場合は

犬の様子をよく観察して

少しずつ、詰まらせないように気を付けながら与えましょう。

 

▼シリンジや介護用の給水ボトルなど▼

fantasyworld_360x90

 

 

いかがでしょうか?

老犬の介護レベルによって

食事介護の仕方も変わってきますが、

愛犬の様子や状態をよく見ながら

適切な食事補助をしてあげてくださいね!

 

ペットベリー本店

関連記事

2bdf4228aa69468b0168a13ca0ec8aa7_m

知っておきたい犬とお野菜

  夏暑くなると さっぱりお野菜が恋しくなりますよね♪ きゅうり

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

犬の肥満と糖尿病のリスク

    犬は可愛くてたまりませんね。 おねだりされたら

記事を読む

DSC_0398

愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持っていますか? 室内犬が多くな

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

高齢犬や老犬の夏の疲れをケアしよう!

  涼しくなってきました。 もう秋の気配がただよっていますね(*^^*

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

犬が蜂に刺されたら

  暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。 春になると蜂もあら

記事を読む

402970cb768cff82217c44e2b28fba00_s

犬のしぐさ、それはクセ?SOS?

犬がよくするしぐさ、あると思います! それを癖だと決めつけていませんか? 実はそ

記事を読む

1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s

愛犬が分離不安になったら?

    前回の記事「留守中の犬のいたずら、分離不安かも?」

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>