*

老犬介護の仕方~食事の介護~

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の食事, 老犬介護


P1000171

 

老犬になると

食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。

その際に気にしたいのは栄養バランスですね。

食欲が低下してきても

運動量も減っているなら

実はバランス的に問題がない場合もあります。

 

 

食べる量が少し減ってきたなと感じても

体重が落ちていないようでしたら

そこまで気にすることはありません。

しかし、体重が大きく変わるようなら

それは栄養バランスが悪くなっている

病気にかかっている可能性もあるので

獣医師に診てもらいましょう。

 

 

老犬の食事介護が必要になるのは、

足腰が弱くなり立ってごはんが食べにくくなったり

もしくは寝たきりとなって

自分でご飯を食べられなくなる場合があります。

その他、噛む力がなくなったりしても

自分で食事を細かくして飲み込めなくなるので

介護が必要になります。

 

 

 

足腰が弱くなったものの

まだ自力で立てる犬の場合は、

食事の姿勢に気を付けてあげるのがおすすめ。

地面に食器を置いたままで食事をすると

首を地面までめいっぱい下げなくてはならず、

その姿勢が足腰や関節にさらに負担をかけてしまいます。

 

食事台を利用して食器の高さを犬の口元付近まで上げてあげることで

ごはんが食べやすく

また、食事の姿勢が楽になります。

老犬になったら食事の姿勢も意識してみてくださいね。

 

▼高さを調節できる食事台「ウッディーダイニング」▼

pghya100c1

 

 

 

寝たきりの老犬の食事介護の場合

飼い主さんがご飯を口元まで運んで食べさせてあげる必要があります。

 

実は犬は、横向きに寝た状態で飲食をする

誤飲の原因となる危険性があります。

必ず伏せの状態になり

顔を起こした状態で飲食をする必要があるので、

犬の顔を起こした状態に支えながら

ご飯をたべさせてあげましょう。

 

小型犬はともかく、

中~大型犬になると、

なかなか頭を固定しながらご飯を与えるのは難しいですね。

その場合は伏せの状態にした後

胸の下にクッションやタオルを詰めて

体制を固定してあげるのがおすすめです。

 

▼獣医師による寝たきりの犬の食事のさせかた(ページ中盤に動画があります)▼

Screenshot_3

 

 

▼動画で使用している、食事補助クッション▼

0000000018342

獣医師監修で開発された食事補助クッション!

胸の下につめて固定しやすい形状になっており、

中材を調整することで硬さや高さも調整できる優れもの!

外カバーは撥水生地になっているので便利です♪

 

 

噛む力や飲み込む力が衰えた老犬の場合

食べさせる食事を工夫する必要があります。

犬が食べやすく、飲み込みやすいように、

できるだけご飯を柔らかくしたり、

流動食にしてあげましょう。

 

市販のウェットフード

手作りごはんで柔らかいご飯を作ってあげるのもおすすめですが

ドライフードも

すりつぶしてお湯でふやかしてあげることで

簡易流動食を作ることができます。

 

▼食べやすいウェットフード▼

0000000005402

 

 

スプーンなどで口元へ運んであげれば食べれるようなら

上記のごはんをそのまま与えればOKですが、

それも難しいようなら

シリンジ(注射器のようなもの)などに流動食をいれて

口の中に流し込んであげる必要があります。

 

与え方は、犬歯の横にある隙間にシリンジをさしこみ

少しずつ流しいれて与えます。

この時も、頭がしっかり起きた状態になるように固定を意識してください。

 

シリンジなどで飼い主さんが食べさせる場合は

犬の様子をよく観察して

少しずつ、詰まらせないように気を付けながら与えましょう。

 

▼シリンジや介護用の給水ボトルなど▼

fantasyworld_360x90

 

 

いかがでしょうか?

老犬の介護レベルによって

食事介護の仕方も変わってきますが、

愛犬の様子や状態をよく見ながら

適切な食事補助をしてあげてくださいね!

 

ペットベリー本店

関連記事

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

a576e588c6b276d6acd4290084f79e53_s

ペットホテルに愛犬をお泊り♪気を付けることは?

    夏はお盆などもありますし、 愛犬を預けなくては

記事を読む

6e33b5287d8e89d6fdc751534e1005a8_s

愛犬との夏のドッグランにご注意を!

  お出かけのシーズンになると 愛犬と一緒に遠出をするなど 一緒

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

no image

犬のものもらい

    人でなりやすい目の病気として ものもらいがありますが、

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

2c78dc6d33514602258b323afe55d00c_s

交通事故から愛犬を守るのは??

    犬にだって交通事故の危険はありますね。 どんな

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る