*

老犬介護の仕方~食事の介護~

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の食事, 老犬介護


P1000171

 

老犬になると

食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。

その際に気にしたいのは栄養バランスですね。

食欲が低下してきても

運動量も減っているなら

実はバランス的に問題がない場合もあります。

 

 

食べる量が少し減ってきたなと感じても

体重が落ちていないようでしたら

そこまで気にすることはありません。

しかし、体重が大きく変わるようなら

それは栄養バランスが悪くなっている

病気にかかっている可能性もあるので

獣医師に診てもらいましょう。

 

 

老犬の食事介護が必要になるのは、

足腰が弱くなり立ってごはんが食べにくくなったり

もしくは寝たきりとなって

自分でご飯を食べられなくなる場合があります。

その他、噛む力がなくなったりしても

自分で食事を細かくして飲み込めなくなるので

介護が必要になります。

 

 

 

足腰が弱くなったものの

まだ自力で立てる犬の場合は、

食事の姿勢に気を付けてあげるのがおすすめ。

地面に食器を置いたままで食事をすると

首を地面までめいっぱい下げなくてはならず、

その姿勢が足腰や関節にさらに負担をかけてしまいます。

 

食事台を利用して食器の高さを犬の口元付近まで上げてあげることで

ごはんが食べやすく

また、食事の姿勢が楽になります。

老犬になったら食事の姿勢も意識してみてくださいね。

 

▼高さを調節できる食事台「ウッディーダイニング」▼

pghya100c1

 

 

 

寝たきりの老犬の食事介護の場合

飼い主さんがご飯を口元まで運んで食べさせてあげる必要があります。

 

実は犬は、横向きに寝た状態で飲食をする

誤飲の原因となる危険性があります。

必ず伏せの状態になり

顔を起こした状態で飲食をする必要があるので、

犬の顔を起こした状態に支えながら

ご飯をたべさせてあげましょう。

 

小型犬はともかく、

中~大型犬になると、

なかなか頭を固定しながらご飯を与えるのは難しいですね。

その場合は伏せの状態にした後

胸の下にクッションやタオルを詰めて

体制を固定してあげるのがおすすめです。

 

▼獣医師による寝たきりの犬の食事のさせかた(ページ中盤に動画があります)▼

Screenshot_3

 

 

▼動画で使用している、食事補助クッション▼

0000000018342

獣医師監修で開発された食事補助クッション!

胸の下につめて固定しやすい形状になっており、

中材を調整することで硬さや高さも調整できる優れもの!

外カバーは撥水生地になっているので便利です♪

 

 

噛む力や飲み込む力が衰えた老犬の場合

食べさせる食事を工夫する必要があります。

犬が食べやすく、飲み込みやすいように、

できるだけご飯を柔らかくしたり、

流動食にしてあげましょう。

 

市販のウェットフード

手作りごはんで柔らかいご飯を作ってあげるのもおすすめですが

ドライフードも

すりつぶしてお湯でふやかしてあげることで

簡易流動食を作ることができます。

 

▼食べやすいウェットフード▼

0000000005402

 

 

スプーンなどで口元へ運んであげれば食べれるようなら

上記のごはんをそのまま与えればOKですが、

それも難しいようなら

シリンジ(注射器のようなもの)などに流動食をいれて

口の中に流し込んであげる必要があります。

 

与え方は、犬歯の横にある隙間にシリンジをさしこみ

少しずつ流しいれて与えます。

この時も、頭がしっかり起きた状態になるように固定を意識してください。

 

シリンジなどで飼い主さんが食べさせる場合は

犬の様子をよく観察して

少しずつ、詰まらせないように気を付けながら与えましょう。

 

▼シリンジや介護用の給水ボトルなど▼

fantasyworld_360x90

 

 

いかがでしょうか?

老犬の介護レベルによって

食事介護の仕方も変わってきますが、

愛犬の様子や状態をよく見ながら

適切な食事補助をしてあげてくださいね!

 

ペットベリー本店

関連記事

1

老犬が下痢をする原因は?

  老犬の下痢に悩む飼い主さんは多いようです。 みなさんもご存じのよう

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬に温泉って効果があるの?

  私たちは温泉で体を癒したりしますが では犬はどうでしょう?

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

DSC_0473

犬の味覚?犬は味の違いを理解しているの?

  私たちが食べ物に味を感じるように 犬たちにだって味覚はあります。

記事を読む

1399294413886

静電気が犬に及ぼす悪影響!

  乾燥の季節になると フワフワ被毛の犬も セーターを着ている私

記事を読む

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の生活環境を見直すクオリティーオブライフ!

  パピーだった愛犬が老犬になるのはあっという間ですね。 高齢犬…いわ

記事を読む

458c74d4b3df5742739792fd88f04665_s

老犬のために考えたい「湿度」

  土日は暑かったですね。 このままジメジメ暑い梅雨になるのでしょうか

記事を読む

4383cc1c8f0b6b9cb55495d47336ca3e_s

犬のおもちゃ、種類と特徴♪

    犬はおもちゃで遊ぶのが大好き♪ もちろん「遊ぶ

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_s

犬にヨーグルト、NGそれとも…??

  朝ヨーグルトを食べる方は多いですね♪ 食べ終わったカップについたヨ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>