*

老犬介護のバリアフリー

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 老犬介護


b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

 

人が高齢になると体が思うように動かなくなるように

老犬も今までのように体を動かせなくなってきます。

住環境はなにも変わっていなくても

老犬の体には変化があるため、

今まで問題のなかった住環境も、

老犬にとって住みにくいものになっている可能性があります。

ぜひ、老犬の目線でのバリアフリーを考えてみましょう!

 

 

人間と同じく

老犬も足腰が弱った筋力の低下によって

段差がつらくなってきます。

わずかな段差にもつまずいてしまうことで、

転んでケガをする危険性があるのです。

 

 

まずは、老犬になっても筋力が低下しないよう、

散歩などによる「歩行」を意識して行い、

筋力の維持を意識してあげましょう。

犬が歩くのを妨げないよう

室内でのバリアフリーの意識は大切です。

段差対策ももちろん大切ですが、

実は盲点なのは床の滑りにくさです。

 

犬にとってのフローリング

実はアイススケートのようなもの。

足腰が不安定になっているのに

氷の上を歩かせるのがいかに負担になるか

想像に難くないですね。

 

踏ん張りがきかない地面では、

立ち上がることが難しくなったり

すべって関節を傷めるなどの危険性があります。

マットを敷いたり、滑り止めワックスを利用することで

すべりにくい地面を意識してあげましょう。

 

▼ペット用の滑り止めフローリングワックス▼

pgsaa100c1

 

 

老犬は視力も衰えてきます。

さらに、高齢になることで白内障などの眼病にもかかりやすくなるため、

目がみえにくくなりやすいのです。

犬は視力より嗅覚を頼りに生活をしているため、

多少視力が衰えても生活に支障がおきにくいです。

そのためなかなか飼い主さんが気付かないことが多いですね。

 

とはいえ、嗅覚も年齢とともに衰えますし、

視力低下が大きく進行すれば

家具などにぶつかるようになったり

歩行の様子がおかしくなったります。

 

ぶつかりどころが悪いと思わぬケガに繋がるので、

ケガをしやすい家具の角などに

クッション材をつけるなどの対応をしましょう。

赤ちゃん用として100均などでも販売されているので、

それらを利用するのもおすすめです。

 

また、犬は家具の位置も記憶していて

それを頼りに動くことも多いので

視力が低下し始めたら

なるべく家具などの配置はかえないよう意識してあげましょう。

 

 

 

体を思うように動かせなくなることで

今までできていた細かい動作ができなくなることもあります。

そのため室内の家具の間の隙間などに挟まって

後退もできず身動きがとれなくなってしまう場合もあります。

飼い主さんが常に見ていられたらいいのですが、

目を離したり留守番中に動けなくなってしまっては大変です。

家具の隙間などはふさいでおきましょう。

 

 

 

ベッドやソファなどで

飼い主さんと過ごしている犬は多いですね。

老犬になると

今まで登れていたそれらに登れなくなることもざらです。

 

そのまま「乗せない」ようにするという選択も、

飛び降り等でのケガ防止のためには良いですが、

犬がどうしても登りたがってほえたり、

それがストレスに繋がるようなら

スロープやステップなどをつけることで解消してあげましょう。

 

▼ペットの足腰に優しいステップ&スロープ▼

pgroa113c1 0000000015282

 

 

まだ乗り降りができる老犬の場合は

大きな段差への乗り降り

足腰や関節に大きな負担となり

ケガの原因にもなりやすいので

その場合もステップやスロープを利用し、

なるべく負担がかからないように工夫してあげましょう。

着地地点もできる限り滑りにくいように

クッション性のあるマットなどを敷いておくのがおすすめです。

 

 

家の中の段差で気を付けたいのは

段差の連続である階段ですね。

これは落ちると大けがに繋がるので

できればペットガードなどで入れないようにしましょう。

 

 

小さな段差でも躓くようになるため、

トイレできる限り低いものを選ぶのがおすすめです。

その小さな段差が登れず

トイレを思うようにできない老犬もいるので、

こういったもののバリアフリーも意識してあげてください。

 

 

 

いかがでしょうか?

犬は私たちの想像以上に早く年をとります。

つい最近までできていたことが

急に難しくなることもあります。

愛犬が7歳を過ぎたら、

体の変化を注意深く観察しましょう。

10歳を超えれば老化がグッと進みます。

愛犬の年齢にあった環境作りを意識してあげてくださいね。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

ペットベリー本店

 

関連記事

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

DSC_0048

老犬の歩行補助で愛犬の歩きたいを助ける

  老犬になると体力も低下しますし 歩行も不安定になったりして

記事を読む

17cfd2b670fa061fc52c88843c2ba47a_s

老犬にもおススメ!ドッグマッサージの仕方

犬は気楽に過ごしているようにみえるかもしれませんが、 私たちの暮らしに合わせて生活をす

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

536dbcf3aa78f170efb5853215d60706_m

絶対に迷子犬にさせない!愛犬の鑑札は義務です。

  うちの子は大丈夫。 …そう思いやすい愛犬の迷子。 なぜそう思

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

DSC_0048

犬が雑草を食べる!なぜ?

  お散歩中に愛犬が雑草をムシャムシャ… 道端の草を食べてしまう犬は

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

高齢犬や老犬と一緒に歩こう♪

    どうしても目を逸らしたい問題… それは愛犬の老

記事を読む

1

老犬が下痢をする原因は?

  老犬の下痢に悩む飼い主さんは多いようです。 みなさんもご存じのよう

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>