*

老犬介護のバリアフリー

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 老犬介護


b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

 

人が高齢になると体が思うように動かなくなるように

老犬も今までのように体を動かせなくなってきます。

住環境はなにも変わっていなくても

老犬の体には変化があるため、

今まで問題のなかった住環境も、

老犬にとって住みにくいものになっている可能性があります。

ぜひ、老犬の目線でのバリアフリーを考えてみましょう!

 

 

人間と同じく

老犬も足腰が弱った筋力の低下によって

段差がつらくなってきます。

わずかな段差にもつまずいてしまうことで、

転んでケガをする危険性があるのです。

 

 

まずは、老犬になっても筋力が低下しないよう、

散歩などによる「歩行」を意識して行い、

筋力の維持を意識してあげましょう。

犬が歩くのを妨げないよう

室内でのバリアフリーの意識は大切です。

段差対策ももちろん大切ですが、

実は盲点なのは床の滑りにくさです。

 

犬にとってのフローリング

実はアイススケートのようなもの。

足腰が不安定になっているのに

氷の上を歩かせるのがいかに負担になるか

想像に難くないですね。

 

踏ん張りがきかない地面では、

立ち上がることが難しくなったり

すべって関節を傷めるなどの危険性があります。

マットを敷いたり、滑り止めワックスを利用することで

すべりにくい地面を意識してあげましょう。

 

▼ペット用の滑り止めフローリングワックス▼

pgsaa100c1

 

 

老犬は視力も衰えてきます。

さらに、高齢になることで白内障などの眼病にもかかりやすくなるため、

目がみえにくくなりやすいのです。

犬は視力より嗅覚を頼りに生活をしているため、

多少視力が衰えても生活に支障がおきにくいです。

そのためなかなか飼い主さんが気付かないことが多いですね。

 

とはいえ、嗅覚も年齢とともに衰えますし、

視力低下が大きく進行すれば

家具などにぶつかるようになったり

歩行の様子がおかしくなったります。

 

ぶつかりどころが悪いと思わぬケガに繋がるので、

ケガをしやすい家具の角などに

クッション材をつけるなどの対応をしましょう。

赤ちゃん用として100均などでも販売されているので、

それらを利用するのもおすすめです。

 

また、犬は家具の位置も記憶していて

それを頼りに動くことも多いので

視力が低下し始めたら

なるべく家具などの配置はかえないよう意識してあげましょう。

 

 

 

体を思うように動かせなくなることで

今までできていた細かい動作ができなくなることもあります。

そのため室内の家具の間の隙間などに挟まって

後退もできず身動きがとれなくなってしまう場合もあります。

飼い主さんが常に見ていられたらいいのですが、

目を離したり留守番中に動けなくなってしまっては大変です。

家具の隙間などはふさいでおきましょう。

 

 

 

ベッドやソファなどで

飼い主さんと過ごしている犬は多いですね。

老犬になると

今まで登れていたそれらに登れなくなることもざらです。

 

そのまま「乗せない」ようにするという選択も、

飛び降り等でのケガ防止のためには良いですが、

犬がどうしても登りたがってほえたり、

それがストレスに繋がるようなら

スロープやステップなどをつけることで解消してあげましょう。

 

▼ペットの足腰に優しいステップ&スロープ▼

pgroa113c1 0000000015282

 

 

まだ乗り降りができる老犬の場合は

大きな段差への乗り降り

足腰や関節に大きな負担となり

ケガの原因にもなりやすいので

その場合もステップやスロープを利用し、

なるべく負担がかからないように工夫してあげましょう。

着地地点もできる限り滑りにくいように

クッション性のあるマットなどを敷いておくのがおすすめです。

 

 

家の中の段差で気を付けたいのは

段差の連続である階段ですね。

これは落ちると大けがに繋がるので

できればペットガードなどで入れないようにしましょう。

 

 

小さな段差でも躓くようになるため、

トイレできる限り低いものを選ぶのがおすすめです。

その小さな段差が登れず

トイレを思うようにできない老犬もいるので、

こういったもののバリアフリーも意識してあげてください。

 

 

 

いかがでしょうか?

犬は私たちの想像以上に早く年をとります。

つい最近までできていたことが

急に難しくなることもあります。

愛犬が7歳を過ぎたら、

体の変化を注意深く観察しましょう。

10歳を超えれば老化がグッと進みます。

愛犬の年齢にあった環境作りを意識してあげてくださいね。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

ペットベリー本店

 

関連記事

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

IMG_2898

犬は飼い主の笑顔を認識できる?!

  私たちは相手が「笑ってる」って どうやって識別しているでしょう?

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

d7d28b2aca5815ce396a70e594b7db31_s

犬の尻尾って骨折するの?!

  愛犬の感情を伝えてくれる尻尾♪ 喜びの際はちぎれるのではないかとい

記事を読む

220c1179b3525cb9f562fac7d25e87d0_s

高齢犬・老犬のための室内トイレトレーニング

  前回の記事で 明日ご紹介と言っていたのに 遅れてしま

記事を読む

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の生活環境を見直すクオリティーオブライフ!

  パピーだった愛犬が老犬になるのはあっという間ですね。 高齢犬…いわ

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も老化する?肉球角質ケア

  犬の肉球も肌と同じ。 歳を重ねて老犬になるにつれ、 肉球も角

記事を読む

b8d2281159020c6392f7526d70c9d728_s

愛犬とのお散歩のお悩みあるある!

  こちらの地方は久々のお天気です♪ さて、犬にとってもやっとお散歩日

記事を読む

458c74d4b3df5742739792fd88f04665_s

老犬のために考えたい「湿度」

  土日は暑かったですね。 このままジメジメ暑い梅雨になるのでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る