*

老犬介護のバリアフリー

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 老犬介護


b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

 

人が高齢になると体が思うように動かなくなるように

老犬も今までのように体を動かせなくなってきます。

住環境はなにも変わっていなくても

老犬の体には変化があるため、

今まで問題のなかった住環境も、

老犬にとって住みにくいものになっている可能性があります。

ぜひ、老犬の目線でのバリアフリーを考えてみましょう!

 

 

人間と同じく

老犬も足腰が弱った筋力の低下によって

段差がつらくなってきます。

わずかな段差にもつまずいてしまうことで、

転んでケガをする危険性があるのです。

 

 

まずは、老犬になっても筋力が低下しないよう、

散歩などによる「歩行」を意識して行い、

筋力の維持を意識してあげましょう。

犬が歩くのを妨げないよう

室内でのバリアフリーの意識は大切です。

段差対策ももちろん大切ですが、

実は盲点なのは床の滑りにくさです。

 

犬にとってのフローリング

実はアイススケートのようなもの。

足腰が不安定になっているのに

氷の上を歩かせるのがいかに負担になるか

想像に難くないですね。

 

踏ん張りがきかない地面では、

立ち上がることが難しくなったり

すべって関節を傷めるなどの危険性があります。

マットを敷いたり、滑り止めワックスを利用することで

すべりにくい地面を意識してあげましょう。

 

▼ペット用の滑り止めフローリングワックス▼

pgsaa100c1

 

 

老犬は視力も衰えてきます。

さらに、高齢になることで白内障などの眼病にもかかりやすくなるため、

目がみえにくくなりやすいのです。

犬は視力より嗅覚を頼りに生活をしているため、

多少視力が衰えても生活に支障がおきにくいです。

そのためなかなか飼い主さんが気付かないことが多いですね。

 

とはいえ、嗅覚も年齢とともに衰えますし、

視力低下が大きく進行すれば

家具などにぶつかるようになったり

歩行の様子がおかしくなったります。

 

ぶつかりどころが悪いと思わぬケガに繋がるので、

ケガをしやすい家具の角などに

クッション材をつけるなどの対応をしましょう。

赤ちゃん用として100均などでも販売されているので、

それらを利用するのもおすすめです。

 

また、犬は家具の位置も記憶していて

それを頼りに動くことも多いので

視力が低下し始めたら

なるべく家具などの配置はかえないよう意識してあげましょう。

 

 

 

体を思うように動かせなくなることで

今までできていた細かい動作ができなくなることもあります。

そのため室内の家具の間の隙間などに挟まって

後退もできず身動きがとれなくなってしまう場合もあります。

飼い主さんが常に見ていられたらいいのですが、

目を離したり留守番中に動けなくなってしまっては大変です。

家具の隙間などはふさいでおきましょう。

 

 

 

ベッドやソファなどで

飼い主さんと過ごしている犬は多いですね。

老犬になると

今まで登れていたそれらに登れなくなることもざらです。

 

そのまま「乗せない」ようにするという選択も、

飛び降り等でのケガ防止のためには良いですが、

犬がどうしても登りたがってほえたり、

それがストレスに繋がるようなら

スロープやステップなどをつけることで解消してあげましょう。

 

▼ペットの足腰に優しいステップ&スロープ▼

pgroa113c1 0000000015282

 

 

まだ乗り降りができる老犬の場合は

大きな段差への乗り降り

足腰や関節に大きな負担となり

ケガの原因にもなりやすいので

その場合もステップやスロープを利用し、

なるべく負担がかからないように工夫してあげましょう。

着地地点もできる限り滑りにくいように

クッション性のあるマットなどを敷いておくのがおすすめです。

 

 

家の中の段差で気を付けたいのは

段差の連続である階段ですね。

これは落ちると大けがに繋がるので

できればペットガードなどで入れないようにしましょう。

 

 

小さな段差でも躓くようになるため、

トイレできる限り低いものを選ぶのがおすすめです。

その小さな段差が登れず

トイレを思うようにできない老犬もいるので、

こういったもののバリアフリーも意識してあげてください。

 

 

 

いかがでしょうか?

犬は私たちの想像以上に早く年をとります。

つい最近までできていたことが

急に難しくなることもあります。

愛犬が7歳を過ぎたら、

体の変化を注意深く観察しましょう。

10歳を超えれば老化がグッと進みます。

愛犬の年齢にあった環境作りを意識してあげてくださいね。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

ペットベリー本店

 

関連記事

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬とアトピー

    愛犬がアトピーになってしまう というケースは増

記事を読む

b25e36ba76df92c43e72744da8f50bc1_s

犬もつまずく?

  散歩中、 愛犬の足がかくっとする瞬間 見たことありませんか?

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

2c78dc6d33514602258b323afe55d00c_s

交通事故から愛犬を守るのは??

    犬にだって交通事故の危険はありますね。 どんな

記事を読む

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

犬が蜂に刺されたら

  暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。 春になると蜂もあら

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

61c2e88f9afedaffb416d57abf941af2_s

愛犬の冬の温か対策

    気温が下がってきて 朝晩は冷え込むようになりま

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

1 (2)

今から気をつけたい犬の熱中症!

  まだまだ大丈夫と油断しがちですが、 急激に気温も上がるこの季節

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>