*

老犬の認知症

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 犬の病気, 老犬介護


81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

 

犬も高齢化が進むことで

老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてきています。

 

10歳を超えると発症しやすいとされ、

老化によって

脳神経や自律神経の機能低下が起こり

さまざまな行動異常がみられるようになります。

 

 

 

老犬の認知症(痴呆)の症状として

初期のころは

おもちゃに反応しなくなった

昼間に寝ている時間が増えるほか、

名前を呼んでも無反応

ソワソワと歩き回るなどがたまに見られる程度で、

飼い主さんも少し気になるものの

単に老化現象かと見逃すような小さな変化が多いです。

 

 

 

それが次第に

今までしていたコマンドをしなくなった

ぼーっとしている時間が増えた

オドオドしたり怖がりになるほか、

家具などによくぶつかるようになるなどの症状が

頻繁にみられるようになります。

このあたりで飼い主さんも

「もしかして認知症(痴呆)なのかも?」

と変化に気付く場合が多いです。

 

 

 

そして老犬の認知症(痴呆)がこのまま進むと

・同じ所をクルクル回る

・夜鳴きをする

・トイレを失敗するようになる

・フラフラ歩き回るようになる(徘徊)

・攻撃的になる

これらのように、

明らかに「行動異常」と思われる症状がみられるようになります。

これらの症状がみられると

飼い主さんも老犬介護が必要になり、

様々な問題を抱えるようになる場合が多いです。

 

 

 

残念ながら、老犬が認知症(痴呆)になってしまった場合

それに有効な薬などは開発されていないため、

完治させることはできません。

 

それぞれの症状に対しての対処療法として

鎮静剤や睡眠剤などを利用する場合もありますが、

副作用など様々なリスクも考えられるため、

まずは獣医さんに相談してみましょう。

 

 

 

薬は老犬の体にも負担をかける場合があり、

副作用などの心配がありますが、

場合によっては

DHAやEPAなどのサプリメントを与えることで

症状が改善されるというケースもあります。

 

▼高濃度DHA&EPAケアサプリメント▼

pgpha100c1

 

 

 

その他サプリメントや漢方薬によって

症状が緩和される場合もありますので、

試してみるのもオススメです。

 

 

 

愛犬が認知症にならないために、

老犬の認知症が進行するスピードをゆるめるために、

予防対策をするのも大切なことです。

 

 

 

人間と同じく

老犬も脳を使わないとどんどん衰え、

それが老犬の認知症(痴呆)に繋がりやすくなります。

老犬といわれる年齢になったら、

脳を活性化させることを意識しましょう。

 

 

 

老犬は寝ている時間が増えますが、

そのまま日中ずっと眠っていてしまう

それだけ脳が働かない時間が増えますし

体内時計もくるってきてしまいます。

 

 

 

まずは日光をしっかり浴びさせて、

体内時計をリセットさせることで

脳に刺激を与えましょう。

 

日中ずっと眠らせる生活を避けるために、

昼間に適度な運動としてお散歩おもちゃ遊びなど

体を動かすことも大切です。

 

▼愛犬と外へ出かけよう!歩けない犬に便利な「カート」▼

0000000019782

 

▼愛犬の歩行をサポート♪カワイイ歩行補助ハーネス▼

harness

 

 

 

 

こうすることで脳の活性筋力の維持

体内時計の正常化ストレス解消や、

適度な疲れによって夜ぐっすり眠り、

夜鳴きや徘徊を防ぐことに繋がります。

 

 

また適度な運動として散歩に行くことは

土を歩く感触

外のにおいをかぐ

他の犬や人と触れ合うなどの機会が増え

それが脳にいい刺激となり、

老犬の認知症(痴呆)防止に繋がります。

たまにお散歩コースを変更するのも

脳にいい刺激となってオススメです。

 

▼愛犬の「歩きたい」をサポートする犬用車椅子▼

kurumaisu

 

 

 

過度な刺激は疲労やストレスに繋がりますが、

老犬になっても無理のない範囲で

お出かけすることは元気な脳のためにオススメです。

 

毎日同じ生活を繰り返すよりも、

少しいつもと違ったことを体験することは

脳が若々しくいられるもとにもなりますね。

 

 

 

また、老犬になると

ご飯前の「お座り」や「マテ」くらいしか

コマンドをさせなくなる傾向にありますが、

老犬でも体に負担のかからないコマンドを覚えさせたり、

今まで覚えたコマンドを色々と試したりしましょう!

 

ゲーム感覚で愛犬と遊びながら

おやつを与えコマンドを教えることで

老犬も頭をつかい、

また褒められることで感情の起伏ができ、

それが脳にいい刺激となります!

 

老犬になったって飼い主さんに褒められることは大好き。

褒められれば嬉しいし喜びます。

もっと褒められる喜びを体験させて

どんどんコミュニケーションをとりましょう

 

 

 

いかがでしょうか?

老犬になるとのんびりとした暮らしをしがちですが、

老犬になっても

積極的にコミュニケーションをとることが

老犬の認知症(痴呆)を予防する秘訣ですね。

ぜひ、意識してみてください♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

▼高齢犬と飼い主さんをサポートする通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

439939886_c9202633b9_o

犬の口内炎

    暑くなると食欲低下から 食生活のバランスが崩れ

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

愛犬を老化させる「酸化」って何??

    よく犬の健康についての記事で 「酸化」が良くな

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし 飼い主も寒くないので

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬のアレルギー~食物アレルギー~

  人間でも問題になるアレルギー アレルギーというのは免疫反応が過剰に

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

老犬のオムツ活用術

  老犬のお悩みで多いのは排泄問題ですね。 高齢になって歩行が困難にな

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も老化する?肉球角質ケア

  犬の肉球も肌と同じ。 歳を重ねて老犬になるにつれ、 肉球も角

記事を読む

inu24

老犬の更年期障害?

人間は40歳後半から50歳前半くらいの年齢を「更年期」としていて このくらいの時にホル

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬に良いお手入れ術!

  愛犬のケアって日常的なものですが 高齢犬になると ケ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る