*

高齢犬がかかりやすい病気とは??

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 犬の病気, 老犬介護


1

 

犬も高齢になると

体力や免疫力の低下から

様々な病気にかかりやすくなります。

 

 

高齢犬の病気対策のために大切なのは

何よりも早期発見・早期治療です!

 

 

日々の愛犬とのコミュニケーションを通して

高齢犬の小さな変化から

病気のサインを見逃さないようにしましょう。

 

 

サインとして表れやすいのは

食欲や排泄物、被毛の状態

歩行などの行動の変化などです。

 

 

高齢犬の病気として代表的なのが「ガン」です。

つまり、「悪性腫瘍」ですね。

10歳以上の高齢犬は

このガンでなくなるケースがとても多いです。

初期症状として食欲不振がみられるケースが多く、

また、突然もしくは一定期間での体重減少といった症状も注意しましょう。

 

 

また、高齢犬の機能低下で見られる病気として

「心臓病」「腎不全」などがあります。

 

心臓病の初期症状はほとんどないと言われ、

疲れやすくなったり食欲が少し落ちるなど

老化としてよく見られる症状です。

そのため発見の多くは健康診断によって

雑音が見つかるために発覚します。

 

腎不全も発見が難しいとされ、

定期健診でもなかなか発見されないと言われています。

7歳以上の高齢犬で発症率が上がり、

多尿水を多く飲むようになる他、

貧血などの症状がみられます。

 

 

 

また、高齢犬で多くなる病気の中に、

人と同じく「骨粗しょう症」があります。

これも7歳以上の高齢犬に見られやすく、

ホルモンの変化運動不足・栄養不足などで起こります。

歩行が遅くなった体を動かすのを嫌がるようになった

骨粗しょう症の可能性があるので獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

その他、「糖尿病」も高齢犬に多く見られる病気です。

7歳以上の高齢犬に多く見られ、

ブドウ糖をエネルギーとして使うのに必要なインスリンが

分泌されない、もしくは効き目が低下すると

血液中にブドウ糖が残ってしまい

これがそのまま尿となってしまう病気です。

 

糖尿病の症状としては

水を大量に飲むようになる他、

食欲増加体重減少、多尿などが見られます。

 

 

 

このように、

高齢犬の病気の症状は

日常的に気付きにくいものが多いです。

 

小さな変化も気付くためには

日々のコミュニケーションによる観察が重要ですね。

 

 

全身に触れることで

腫瘍などはできていないか

被毛のコンディションに変化はないか

太ったり痩せてきたりしていないかをチェックしたり、

行動に異変は見当たらないか、

食事の量は変わっていないか、

ウンチやオシッコの状態に変化はないか、

ニオイが強くなるなどの異変はないかも確かめましょう。

 

体重の変化は体調変化の良い指標になりますので、

こまめに体重をはかって記録しておくのがおすすめです。

 

 

 

それでも見逃してしまうくらい小さな変化が

もしかしたら重病の前触れの可能性があります。

 

愛犬のそんな変化をみつけるため

そして初期で病気を発見し

できる限り治療の幅を広げるためにも

定期的に獣医師の健康診断を受けることが大切です。

 

 

 

いかがでしょうか?

高齢犬になると人間と同じく

病気になるリスクはどんどん高くなります。

早く発見してあげるためにも

ぜひ意識してみてくださいね!

今回もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼高齢犬と暮らしを楽しむ通販サイト ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

老犬介護の仕方~夜鳴き・吠えの介護~

  老犬になることで 「吠える」という行為が増える犬がいます。

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気になる犬の口臭の原因とは?

  愛犬の口がちょっとにおう? 特に高齢犬・老犬になって 口臭が

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬の痙攣はなぜ起こる?

  老犬が急に痙攣をおこせば もちろん飼い主さんは驚き、不安になります

記事を読む

c23b35966e329e6277bac7f815d67027_s

犬と乳がん

  女性の病気として騒がれている「乳がん」 実はこれ、人間だけの病気で

記事を読む

inu24

老犬の更年期障害?

人間は40歳後半から50歳前半くらいの年齢を「更年期」としていて このくらいの時にホル

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

老犬のオムツ活用術

  老犬のお悩みで多いのは排泄問題ですね。 高齢になって歩行が困難にな

記事を読む

inu26

犬のヘルニアってどういう病気?

  ウェルシュ・コーギーや ダックスフンドのように 足の短い犬は

記事を読む

P1050050

老犬の介護食にも便利な「ゼラチン」

      暑い夏に ゼリーが食べたく

記事を読む

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>