*

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬のケア, 犬の豆知識, 老犬介護


DSC_0340

 

 

犬は日向ぼっこ大好きですよね。

暑い夏でさえ

窓際で日向ぼっこする犬が多いです。

何を隠そう、我が家の愛犬もそうでした(笑)

 

 

 

さて、そんな日向ぼっこですが

犬にとってとても大事な働きがあるのです!

 

 

 

実は日向ぼっこで浴びる紫外線

体に悪い影響があるイメージが強いですが

血行促進新陳代謝の促進効果があるのです。

 

 

 

老犬はこれらが衰える傾向にあるので

日向ぼっこをすることで

これらの機能をアップできるといいですよね♪

 

 

 

また紫外線には殺菌作用

皮膚の抵抗力アップなどの効果もあるとされています!

 

 

 

加えて日光を浴びることで

体内時計が正常に働き

老犬の場合は生活リズムの改善

リフレッシュ、ストレスの解消なども期待できます。

 

 

 

しかし紫外線には

皮膚被毛へのダメージ皮膚ガンの原因になるなど

世間で謳われるようなデメリットもあります。

 

 

 

強い紫外線を皮膚に直接受けると

老犬など皮膚が弱い犬の場合

炎症を起こす原因になる場合もあり、

目に受けると

白内障の原因にもなると言われています。

 

 

 

また紫外線は

細胞内に活性酸素を増やしてしまいます。

この活性酸素は生活習慣病老化

その他にも色々な病気の原因になると言われています。

 

 

 

しかし、実はこの活性酸素

確かに体に悪い作用を起こしますが

実は生きる上で必要なものでもあるのです。

 

 

 

活性酸素は強い酸化力を持っているので、

強い殺菌作用があります。

それを使って体内の細菌を退治しているのです。

 

 

 

また、酵素の働きを促す力もあるため、

生きるのにとても大切なものなのです。

 

 

 

では何が問題かというと

その酸化力が強すぎるため、

活性酸素が増えすぎると

余分な活性酸素が体に悪い働きをしてしまうのです。

 

 

 

つまり大切なのはバランス!

紫外線が体に悪いからと

1日中日の当たらない室内にこもっていると

紫外線の持つ「生きるために必要なもの」も

取り入れられなくなってしまいます。

 

 

 

では、どうしたら上手く紫外線と付き合えるのでしょうか?

 

 

 

基本的に、強い紫外線から

犬の弱い皮膚を守るため

被毛がカバーしてくれています。

 

 

サマーカットして肌が見えやすくなっている犬や

毛が薄くなってきたり皮膚が弱くなってきた老犬

毛がもともと短い犬種などは

そのカバーする毛がないため、

強い紫外線をあびやすい散歩のときなどに、

服などで皮膚をカバーしてあげるのがおすすめです。

 

▼夏用のメッシュ素材の犬服▼

0000000009742000000000974_1_thumb

 

 

 

また、外出の際にコンクリートを歩く場合

被毛の薄いお腹は照り返しによって

紫外線のダメージを受けやすくなります。

 

 

 

この場合も服などでカバーをするか

もしくは土や緑の上を歩かせるなどして

なるべく皮膚に直接紫外線があたらないよう工夫してあげましょう。

 

 

 

体内の余分な活性酸素を取り除くには

抗酸化物質を与えるのがおすすめです。

ビタミンCやビタミンEなどに

抗酸化作用があるので

これらを補ってサポートしてあげるのもいいですね。

 

 

▼抗酸化物質入りのシニア用のミルク▼

0000000007412

 

 

▼ビタミンを補えるデンタルケアおやつ▼

0000000006982

 

 

 

これからの季節紫外線も強くなります。

しかし、犬にとって日光をあびることは

生きていくためにとても大切なことです。

 

 

ダメージを受ける部分は飼い主さんがサポートをして

ぜひ日向ぼっこの良い効果を取り入れてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

▼老犬との暮らしを楽しくする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

2017_05_happy_sale

【ペットベリー】犬の介護用品など最大50%OFF!

    本日はペットベリーからお得なお知らせです♪ &

記事を読む

80fd01676401016c97cef886e2ea245d_s

湿度が重要!犬の暑さ対策

      日本の夏は暑いですね。 気

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

d0cf303986eca3850a350e384b21d12a_s

犬も紫外線で被毛が傷む??

      女性なら分かると思いますが、

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も老化する?肉球角質ケア

  犬の肉球も肌と同じ。 歳を重ねて老犬になるにつれ、 肉球も角

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

愛犬が熱中症になったら

    犬は暑さに弱いので 気温が高くなるこれからの季

記事を読む

454bd41e7c5bfde08a9828520e067c8c_s

犬が地面にお尻を擦りつけるのは何故?

      愛犬が何やらゴソゴソ・・・

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る