*

老犬のマットは低反発?高反発??

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の豆知識, 老犬介護


図1

 

老犬になると寝ている時間も増えてきて、

筋力の衰えなどが進むと

寝たきりになってしまう犬もいます。

 

 

 

「寝ている」状態が多い老犬にとって

その寝ている場所・・・

1日の大半を過ごすベッドやマット選びは大事ですね。

これが老犬の体に負担がかかりにくいものであるほど

犬も快適に過ごすことができますし、

トラブルの予防にもつながります。

 

 

 

老犬の介護ベッドや介護マットとして

現在主流なのは「低反発」もしくは「高反発」ですね。

これはいったいどちらがいいのか?

悩む方も多いと思います。

 

 

 

低反発と高反発は

それぞれに違う「メリット」があります。

老犬の状態を見極めて

適した方を選んであげましょう。

 

 

 

まず、老犬になって心配なトラブルは「床ずれ」です。

これは長時間同じ姿勢でいることで

特定の部位が圧迫され

皮膚表面の組織が壊死することです。

 

 

 

老犬になると筋肉量が減ったり痩せることで

骨がでてきてしまうことが多いです。

そこが地面と接しやすくなり

床ずれになりやすいと言われています。

 

 

 

この床ずれの予防は

とにかく同じ個所が長時間地面に接しないようにすることなので

寝たきりの老犬の場合は

こまめに寝返りをさせてあげたり

地面に接しやすい部分に

クッションを挟むなどしてあげるのがいいとされています。

 

 

▼床ずれ予防のドーナツ型クッション 小▼

0000000015832000000001583_1_thumb

▼床ずれ予防のドーナツ型クッション 大▼

 

0000000015842000000001584_1_thumb

▼床ずれ予防のマメ型防水クッションS▼

0000000017752

▼床ずれ予防のマメ型防水クッションM▼

0000000017762

000000001776_1_thumb

 

 

 

この床ずれの観点からみると

低反発マット体が沈みこむため

圧迫が軽減されていいと言われています。

 

 

 

また、低反発マットは体に合わせて沈むため

体が包み込まれるような寝心地の良さが特徴です。

そのため老犬に好まれやすく、

眠りが浅い老犬

寝ている際に体がよく動いてしまう犬の場合は

この低反発が好まれる傾向にあります。

 

 

▼NASA開発の衝撃吸収フォーム!低反発ベッド▼

teihannpatu

外カバーは制菌素材でできていて衛生的!

また粗相対策のため防水素材の内カバー付き。

運搬用の取手もついているため、介護にオススメです!

 

 

 

 

一方で

この「沈み込む」性質がデメリットになることもあります。

まだ歩行ができる老犬の場合は、

低反発マットから立ち上がろうとする際に、

体が沈み込むため起き上がりにくいと言われています。

 

 

私たちもビーズクッションなど

体が沈む素材のクッションからは起き上がりにくいですよね。

老犬は足腰が弱くなり筋力も衰えているため

余計に起き上がりにくくなるようです。

 

 

 

そういった観点からは

高反発マットは弾力があるため

体を起こしやすく、

また寝返りもしやすいとされています。

高反発マットは優れた圧力分散効果があるため、

老犬の体に負担がかかりにくいそうです。

 

 

 

さらに、高反発マットは通気性に優れているため、

季節問わず快適に過ごせます。

また衛生管理がしやすく

また洗濯しやすい構造のものが多いです。

 

 

▼洗濯らくちん!高反発のブレスエアーマット▼

dogcarebed

汚れてもシャワーで簡単に洗えるので便利!

通気性抜群で夏涼しく冬あたたかなオールシーズン快適仕様♪

腰への負担が軽減されるため老犬介護にオススメです。

 

 

▼腰の負担が気になる老犬に!高反発マット▼

kouhanpatu_mattress

立ち上がりをサポートする腰に負担がかからない設計!

体積の96%が空気なので蒸れにくい♪

まるごと洗えるため介護に便利なマットです!

 

 

 

 

いかがでしょうか?

低反発マットも高反発マットも

それぞれに良い点があります。

老犬の状態を見極めて

愛犬にあった性質のものを選んであげてください♪

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼シニアドッグと暮らしをサポートする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s

愛犬が分離不安になったら?

    前回の記事「留守中の犬のいたずら、分離不安かも?」

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

DSC_0473

犬に海苔はあげてもいい?

  本日2月6日は海苔の日だそうです。 海藻は毛艶にいいとも言いますし

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

犬と酵素の関係の落とし穴!

  健康に良いとかダイエットに良いとか 何かと騒がれている「酵

記事を読む

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の夜鳴き対策!

      老犬になって 介護が必要に

記事を読む

DSC_0473

犬の味覚?犬は味の違いを理解しているの?

  私たちが食べ物に味を感じるように 犬たちにだって味覚はあります。

記事を読む

1 (2)

高齢犬の暑さ対策に クールダウンの方法

    最近急に暑くなってきましたね! とはいえ、

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬の痙攣はなぜ起こる?

  老犬が急に痙攣をおこせば もちろん飼い主さんは驚き、不安になります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る