*

犬のものもらい

公開日: : 老犬介護


 

 

人でなりやすい目の病気として

ものもらいがありますが、

実は犬も「ものもらい」に感染します。

 

 

 

そもそも「ものもらい」とは何か?

なんだか目がかゆくなって腫れたりすると

「あ~ものもらいだ」くらいに思う人も多いと思います。

 

 

 

ものもらいとは正式な病名ではありませんが、

マイボーム腺という、

瞼の動きを潤滑にするための油脂が出る腺が

細菌感染して炎症を起こした

膿がたまってしまう症状のことです。

 

 

 

そのため犬もものもらいになると

目が開けにくくなったり

瞼が腫れた

瞼のふちにニキビのようなできものができたり

目ヤニや涙の量が増えたりします。

 

 

 

また、犬のものもらいの場合も

痛みかゆみ違和感がみられるため

ものもらいになった犬は

目を気にしてこすった

目を掻こうとします。

 

 

 

すると目の表面を傷つけてしまい、

これが原因で角膜炎

結膜炎などを引き起こしてしまう場合もあるのです

 

 

 

人は意識的に触らないようにしますが、

犬はなかなかそうはいきません・・・

あまりに擦ろうとする場合は

エリザベスカラーなどを利用して

犬が目に触れないようにするのが

早く治すためにオススメです。

 

▼犬にも飼い主にも優しい、柔らか素材のエリザベスカラー▼

pgsta100c1Screenshot_1

 

 

 

犬のものもらいは細菌感染ですが、

さほど強くない細菌のため、

感染の危険性は高くはありません

 

 

 

しかし瞼などに傷がある場合

免疫力が落ちている場合

老犬など免疫力が低い犬の場合は

感染しやすくなるため

ものもらいにもなりやすいです。

 

 

 

ものもらいになってしまった場合は

病院で診てもらい

抗生物質の目薬と飲み薬で治します。

場合によっては眼軟膏などをもらい治療をします。

 

 

 

人はものもらいを放置する方もいますが、

犬のものもらいも自然治癒する場合もありますが、

ひっかくなどして悪化させると

前述のように別の眼病になる場合もあります。

早期治療が一番早く治るので

気付いたら獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

また、人も犬もものもらいになるということは

人から犬、もしくは犬から人へもうつるのか・・・

ということが気になりますね。

 

 

 

基本的に犬のものもらいは

人やほかの犬にうつることはないそうです。

しかし、ものもらいになっている犬の治療で触れた後は

手を洗うのがおすすめです。

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬の目に違和感がありそうな場合は

掻いて悪化させる前に

獣医さんにすぐ見てもらってくださいね。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼老犬介護のアイテムが充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

犬と酵素の関係の落とし穴!

  健康に良いとかダイエットに良いとか 何かと騒がれている「酵

記事を読む

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

老犬ホームってなに?

  ペットの獣医学が発達することで 犬も長寿化しており 平均寿命

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

老犬のオムツ活用術

  老犬のお悩みで多いのは排泄問題ですね。 高齢になって歩行が困難にな

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

P1000171

老犬介護の仕方~食事の介護~

  老犬になると 食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。 その

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

高齢犬や老犬と一緒に歩こう♪

    どうしても目を逸らしたい問題… それは愛犬の老

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る