*

犬のものもらい

公開日: : 老犬介護


 

 

人でなりやすい目の病気として

ものもらいがありますが、

実は犬も「ものもらい」に感染します。

 

 

 

そもそも「ものもらい」とは何か?

なんだか目がかゆくなって腫れたりすると

「あ~ものもらいだ」くらいに思う人も多いと思います。

 

 

 

ものもらいとは正式な病名ではありませんが、

マイボーム腺という、

瞼の動きを潤滑にするための油脂が出る腺が

細菌感染して炎症を起こした

膿がたまってしまう症状のことです。

 

 

 

そのため犬もものもらいになると

目が開けにくくなったり

瞼が腫れた

瞼のふちにニキビのようなできものができたり

目ヤニや涙の量が増えたりします。

 

 

 

また、犬のものもらいの場合も

痛みかゆみ違和感がみられるため

ものもらいになった犬は

目を気にしてこすった

目を掻こうとします。

 

 

 

すると目の表面を傷つけてしまい、

これが原因で角膜炎

結膜炎などを引き起こしてしまう場合もあるのです

 

 

 

人は意識的に触らないようにしますが、

犬はなかなかそうはいきません・・・

あまりに擦ろうとする場合は

エリザベスカラーなどを利用して

犬が目に触れないようにするのが

早く治すためにオススメです。

 

▼犬にも飼い主にも優しい、柔らか素材のエリザベスカラー▼

pgsta100c1Screenshot_1

 

 

 

犬のものもらいは細菌感染ですが、

さほど強くない細菌のため、

感染の危険性は高くはありません

 

 

 

しかし瞼などに傷がある場合

免疫力が落ちている場合

老犬など免疫力が低い犬の場合は

感染しやすくなるため

ものもらいにもなりやすいです。

 

 

 

ものもらいになってしまった場合は

病院で診てもらい

抗生物質の目薬と飲み薬で治します。

場合によっては眼軟膏などをもらい治療をします。

 

 

 

人はものもらいを放置する方もいますが、

犬のものもらいも自然治癒する場合もありますが、

ひっかくなどして悪化させると

前述のように別の眼病になる場合もあります。

早期治療が一番早く治るので

気付いたら獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

また、人も犬もものもらいになるということは

人から犬、もしくは犬から人へもうつるのか・・・

ということが気になりますね。

 

 

 

基本的に犬のものもらいは

人やほかの犬にうつることはないそうです。

しかし、ものもらいになっている犬の治療で触れた後は

手を洗うのがおすすめです。

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬の目に違和感がありそうな場合は

掻いて悪化させる前に

獣医さんにすぐ見てもらってくださいね。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼老犬介護のアイテムが充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

220c1179b3525cb9f562fac7d25e87d0_s

高齢犬・老犬のための室内トイレトレーニング

  前回の記事で 明日ご紹介と言っていたのに 遅れてしま

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

老犬のオムツ活用術

  老犬のお悩みで多いのは排泄問題ですね。 高齢になって歩行が困難にな

記事を読む

ea0cdb11a84c679026a8571e2abee1ec_s

老犬にDHAとEPA、どんな働き?

    DHAとEPAは 現在はよく耳にしますね。

記事を読む

P1050098

犬もレム睡眠をする?

  私たちの睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですが、 実

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

老犬ホームってなに?

  ペットの獣医学が発達することで 犬も長寿化しており 平均寿命

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬の痙攣はなぜ起こる?

  老犬が急に痙攣をおこせば もちろん飼い主さんは驚き、不安になります

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

老犬が痙攣を起こした際の対処法

  前回は老犬が痙攣を起こす原因についてご紹介しました。 そこで今回は

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬介護の仕方~寝たきりの床ずれ予防~

  老犬になり筋力が低下していくと 最悪、自分で立つことができなくなり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>